『世界遺産』25周年スペシャル第2弾は 8Kカメラで撮影した高野山金剛峯寺

0

2021年09月28日 10:10  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

10月3日午後6時より『世界遺産』(TBS系)25周年企画第2弾を放送。8K・4Kカメラで撮影された高野山の貴重映像の数々が紹介される。

■日本仏教の聖地「高野山」

1996年から放送を開始し、今春に放送25周年を迎えた同番組。4月に放送されたスペシャル企画第1弾「空から見る京都 四季の絶景」に続く第2弾の今回は、約1年かけて全編を高精細の8Kカメラと4Kカメラで撮影された「高野山の四季」を放送。

高野山は、山全体が「金剛峯寺」という名の寺院の境内で、主殿をはじめとしたさまざまな仏教建築物を備えており、総坪数48,295坪を有する。また2004年に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の1つであり、9世紀に弘法大師・空海が密教(真言宗)の道場として開いた日本仏教の聖地として信仰を集めている。

■源頼朝の供養塔

まず最初の見どころは、世界遺産に登録されている金剛三昧院(こんごうさんまいいん)の境内に建つ「多宝塔」の内部を史上初となる8Kカメラで撮影した映像だ。金剛三昧院は、鎌倉幕府の初代征夷大将軍となった源頼朝の菩提を弔うため、妻・北条政子が発願し1211年に創建。その後、息子の実朝の菩提も弔うために改築され、以後将軍家の菩提寺として信仰された。

国宝に指定されている「多宝塔」は1233年に建造され、塔そのものが源頼朝の供養塔だと考えられている。現存する建造物としては高野山最古であり、滋賀県大津市にある石山寺の多宝塔に次いで日本で2番目に古い。

■五智如来像の撮影を敢行

その内部は通常は公開されておらず、重要文化財の秘仏・五智如来像(ごちにょらいぞう)が安置されている。五智如来とは密教における5つの“智慧”を表したもので、「金剛界大日如来」を中心に「阿閦如来(あしゅくにょらい)」、「宝生如来(ほうしょうにょらい)」、「阿弥陀如来(あみだにょらい)」、「不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)」を四方位に配した金剛界五仏である。

「多宝塔」の内陣は撮影の許可が滅多に下りないが、今回は特別に8Kカメラによる撮影を敢行。鎌倉時代から高野山の地で守り続けられてきた木造五智如来像の姿をくまなく堪能できる。

■西塔の立体曼荼羅も8Kで

続いて、こちらも通常は非公開である西塔の「立体曼荼羅」。金剛峯寺の中核である壇上伽藍(だんじょうがらん)にあり、根本大塔と対をなす西塔は、弘法大師入定後の仁和2年(886年)に完成。度重なる消失により、現在の西塔は1834年に再建された5代目となる。

塔の内部は1834年当時のもので、こちらも滅多に撮影することができないが、特別に塔内に安置された“金剛界”の大日如来を“胎蔵界”の四仏が囲んでいる「立体曼荼羅」の姿を8Kカメラが捉えた。

■異なる季節をワンカットで表現

また、同番組では昨年11月より撮影を開始し、紅葉、雪景色、桜の実景など高野山の四季のほとんどを約1年かけて8Kカメラに収めた。さらに、金堂前と金剛三昧院・多宝塔を、モーションコントロールカメラで撮影し、異なる季節を動きのあるワンカットの映像の中で表現。

10月3日の放送は地上波放送のためフルハイビジョンに変換して放送されるが、映像の高精細さと美しさは損なわれることなく、空海の開創から1200年以上の歴史を刻む高野山の四季を実感できる。なお、12月にBS−TBSで4K放送を予定している。

■厳選を重ねた珠玉の映像

放送に先立ち、担当ディレクターとプロデューサーからしらべぇ編集部にコメントが寄せられた。

田口亮 担当D:新型コロナウイルスの蔓延により、海外の撮影現場に直接行くことができなくなって1年以上が経ちました。そのような状況下で昨年の秋から始めたのが今回の撮影です。

高野山の魅力をどのようにしたら映像として伝えることができるのか、スタッフでアイディアを持ち寄り、いつも以上に時間と情熱をかけて作り上げました。膨大な量の素材から厳選に厳選を重ねて選んだ珠玉の映像です。ワンカットたりとも見逃せない30分になっていると思います。

■日本には表情豊かな四季がある

堤 慶太P:日本の風土の特徴は、表情豊かな四季があることです。番組では日本の世界遺産を1年かけて撮影するプロジェクトを進めており、今回の「高野山の四季」は、8Kカメラと4Kカメラで撮影したものとしては比叡山、知床に続く第3弾となります。

春夏秋冬の四季の絶景とともに見どころなのは、空から撮影した高野山の様子です。山中にあるため、なかなか全体像がつかみづらい金剛峯寺と高野山ですが、空からの映像によって「ああ、こういう場所にあったんだ」と実感できると思います。ご期待ください。

    ニュース設定