立川志らく、“痛みを伴う笑い”に持論を展開 「ルールの中で楽しむ」

0

2021年09月28日 16:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

落語家・立川志らくが28日、ツイッターを更新。「痛みを伴う笑い」についての自身の考えをつづった。

■BPOが審議の対象に

お笑いをめぐっては、放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委員会」が、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」を審議の対象とすることを決定。

BPOでは、視聴者や中高生のモニターから「出演者に痛みを伴う行為を仕掛け、それをみんなで笑うような、苦痛を笑いのネタにする各番組は『不快に思う』『いじめを助長する』などの意見が継続的に寄せられてきている」として、審議入りを説明している。

審議の対象は個別の番組ではないが、ドッキリや罰ゲームなどを取り入れているバラエティー番組も多いため波紋が広がっている。

■芸人は本来非常識

志らくは28日、「痛みを伴う笑いがダメとなるとドッキリはどうなる? ヤクザに絡まれる、落とし穴、幽霊に驚かされる、全部ダメになる。そのうち芸人は人に笑われる商売だから人格否定につながるのでその存在すら否定されてしまったり。芸人って本来非常識な存在。それを笑いに変えて人を楽しませる」と投稿。

続けて、「芸人のやることが不謹慎だと思えば、親や先生がちゃんと勉強しないとああいう芸人になっちゃうぞ! と昔は社会がそうやって教えた。それが教育のひとつだった。芸人になるやつなんざ親から勘当された。現代では芸人こそモラルの代表であれ、になった。破滅型芸人は生きていけない」と記した。

【ツイート】志らくが持論をつづる

■常に非日常を求める

その後の更新でも、「痛みを伴うのが駄目なら格闘技はどうなるんだ?」とさらに疑問を提示。

「人間は常に非日常を求める。だから格闘技が成立する。あれを路上でやれば犯罪。だからルールの中で楽しむ。笑いも同じです。殺人の映画も同じ。非日常の疑似体験」と訴えている。

■ユーザーからは賛否両論

ユーザーからは、「エンターテインメントと現実の違いが分からない人が増えたのかね」「近い将来、今までのような芸人という職業の人たちはいなくなっていくような気がします」と志らくの意見に賛同して嘆く声も。

その一方で、「やっぱり芸人ってズレてると思われてもしょうがないな」「人が窮地に陥る様を笑うのは見ていて全く楽しくないです」「芸人って笑われる商売でしたか? 他人を笑かすのが芸人だと思ってました」といった反論も寄せられている。

■志らくが持論をつづる

痛みを伴う笑いがダメとなるとドッキリはどうなる?ヤクザに絡まれる、落とし穴、幽霊に驚かされる、全部ダメになる。そのうち芸人は人に笑われる商売だから人格否定につなかるのでその存在すら否定されてしまったり。芸人って本来非常識な存在。それを笑いに変えて人々を楽しませる。

— 志らく (@shiraku666) September 28, 2021

芸人のやる事が不謹慎だと思えば、親や先生がちゃんと勉強しないとああいう芸人になっちゃうぞ!と昔は社会がそうやって教えた。それが教育のひとつだった。芸人になるやつなんざ親から勘当された。現代では芸人こそモラルの代表であれ、になった。破滅形芸人は生きていけない。

— 志らく (@shiraku666) September 28, 2021

痛みを伴うのが駄目なら格闘技はどうなるんだ?人間は常に非日常を求める。だから格闘技が成立する。あれを路上でやれば犯罪。だからルールの中で楽しむ。笑いも同じです。殺人の映画も同じ。非日常の擬似体験。

— 志らく (@shiraku666) September 28, 2021

    ニュース設定