“軽さは正義”の「AQUOS zero6」と“薄型+大容量バッテリー”の「AQUOS sense6」 シャープ新スマホの特徴

1

2021年09月28日 19:02  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真AQUOS zero6の主な特徴
AQUOS zero6の主な特徴

 シャープが2021年秋冬商戦向けのスマートフォンとして、「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」を発表した。製品写真を見ても分かる通り、2機種のハードウェアやデザインは共通したものを採用しており、サイズや重さ、プロセッサ、バッテリー容量などが主な違いだ。では2機種の狙いはどこにあるのか。シャープは9月28日にオンラインで説明会を開き、2モデルの詳細を解説した。



【その他の画像】



●AQUOS zero6で“世界最軽量5Gスマホ”を実現できた秘密とは



 AQUOS zero6は、ディスプレイが6型以上、バッテリー容量が4000mAh以上の防水5Gスマートフォンで世界最軽量となる146gを実現した。2世代前の「AQUOS zero2」も141gという軽さを特徴としていたが、イヤフォンジャックやmicroSDを搭載していないなど、軽さと引き換えに省かれた機能も多かった。AQUOS zero6では5Gのミリ波にも対応し、4000mAh以上のバッテリー、イヤフォンジャック、microSDスロット、3眼カメラ+レーザーAFを搭載しながら、AQUOS zero2からわずか5gの増加に抑えた。



 他社の5Gスマホを見ると、「iPhone 12 mini」が133g、「iPhone 13 mini」が140gとAQUOS zero6よりも軽いが、ディスプレイサイズが5.4型でサイズが小さいことが効いている。5G対応、バッテリー容量4000mAh以上、microSDスロット・イヤフォンジャック搭載で140台のスマートフォンは存在せず、シャープ 通信事業本部 パーソナル通信事業部 事業部長の小林繁氏は「AQUOS zero6の146gはまさに異次元。他と比較できないほど並外れた軽さだ」とアピールする。



 そんなAQUOS zero6で目指したのは、「いつでも身に着けるように軽やかに、どんな用途にもとことん使い倒せること」だと小林氏は続ける。では、AQUOS zero6の軽さはどのように実現したのか。通信事業本部 パーソナル通信事業部 商品企画部 主任の小山誠也氏は、3つの工夫があると説明する。



 1つ目が、マグネシウム合金フレームを採用したこと。これによって軽量化と7.9mmの薄さを両立させた。2つ目が強化ガラスにCorning Gorilla Glass Victusを採用したことで、強度を維持しながら、AQUOS zero5G basicから40%以上の軽量化に成功した。3つ目は背面パネルの薄型化。傷と曲げの両方に強いハイブリッド構造の素材を採用したことで、AQUOS zero5G basicから約10%の軽量化に成功した。この他にも「基板面積を14%削減するなど、数多くの創意工夫によってたどり着いた」と小山氏は胸を張る。



 小山氏は、1日中スマホを使い込んでいる“衣食住スマホ”な人にとって「軽いが正義」だと強調する。「家であおむけに寝転がりながら長時間動画を見るとき、音楽を聴きながらランニングをするとき、通勤時間につり革片手にニュースサイトを眺めるときなど……メガネや腕時計のように、存在を忘れるほどの軽さが、やりたいことに没頭させてくれる」(同氏)



●俊敏な動作と進化したカメラにも注目



 「軽快で俊敏な動作」もAQUOS zero6の特徴に挙げる。スマートフォンAQUOSでは初めて5Gのミリ波(n257)に対応し、理論値で下り最大2.8Gbps、上り最大480Mbpsの通信速度を実現する。



 ディスプレイの描画速度にも注力した。「ハイレスポンスモード」に設定したアプリは、120回の画面更新と連動して間に黒画面を挿入することで、1秒間に240回の描画更新とタッチ検出が可能になる。動きの激しいゲームを操作するのに有用だが、AQUOS zero6では、ゲーム以外のアプリも同モードに設定できるようになった。スクロールすることの多いSNSやブラウザでも「残像が少なく、くっきり見やすくなる」(小山氏)とのこと。



 ディスプレイは10億色表示に対応し、ステレオスピーカーはAQUOS zero5G basicから70%出力がアップしていることから、「臨場感のある映像と音でゲームにより没頭できる」と小山氏はアピールする。



 プロセッサがハイエンドのSnapdragon 888ではなくSnapdragon 750Gなのが惜しいが、小林氏によると、コストと開発効率の問題だという。Snapdragon 750Gと、AQUOS sense6が採用しているSnapdragon 690Gでは「全く同じソフトウェアが動作する」(同氏)ため、より効率よく開発できるという。



 アウトカメラには、AQUOS R6のカメラ画質技術を応用した新画質エンジン「ProPix3」を採用。ノイズ低減やエッジ強調処理により、ディテールをより自然に表現し、広いダイナミックレンジを確保できるとしている。AQUOS R6といえば、ライカの画質監修のもと、1型の大型のセンサーを採用しているが、AQUOS zero6のカメラはライカと共同開発したものではない。またメインカメラのセンサーサイズは1/2型となる。



 「ライカが最高級のものを提供するブランド」(小林氏)との考えから、ライカと協業するのはAQUOS R6のようなフラグシップモデルになるようだ。ただ、ゴーストやノイズの低減など、画質向上のチューニングはAQUOS R6と同等のものを施しているという。一方で「ナイトモード」の差は大きく、真っ暗な部屋など、ハードウェアの性能が問われるシーンではAQUOS R6に軍配が上がる。ただ、明るい屋外のシーンでの画質はAQUOS R6に迫るほど改善したという。このProPix3をベースにしたカメラ技術はAQUOS sense6にも用いている。



●薄型化と大容量バッテリーを両立させた「AQUOS sense6」



 AQUOS senseは、シリーズ累計で1000万台の出荷台数を誇る、シャープの人気シリーズ。過去のsenseシリーズでは大容量バッテリーを搭載してきたが、その代償として、本体が大きく、厚くなってしまった。しかしAQUOS sense6では、先代の「AQUOS sense5G」から1mm薄い、厚さ7.9mmを実現。指紋センサーをディスプレイに内蔵し、額縁を狭くしたことで画面占有率も向上している。通信事業本部 パーソナル通信事業部 商品企画部 課長の清水寛幸氏は「薄く見せる必要のない、潔い形だ」と胸を張る。



 この薄型ボディーに大きく貢献したのが、IGZO OLEDをディスプレイに採用したことだ。「お札1枚と同じぐらいの厚みしかないフレキシブルOLEDを採用することで、大容量バッテリーと薄型化を両立できた」(清水氏)という。AQUOS sense5Gから1mm薄くしながら、AQUOS zero5G basicの4050mAhより大きな4570mAhのバッテリーを搭載したのは特筆すべき点だ。同社調べで「1週間の電池持ち」を実現したという。



 ちなみにAQUOS zero6もディスプレイは有機ELだが、IGZOは採用していない。スペックの低いAQUOS sense6のみにIGZOを採用するのは意外だが、それだけAQUOS sense6で高いスタミナと薄型ボディーの両立に重きを置いていることが分かる。



●AQUOS zero6とAQUOS sense6、どちらを選ぶ?



 AQUOS zero6は「ネオハイエンドスマートフォン」とシャープは銘打っているが、スペックを考えれば「ミッドハイ」と言った方が正しいだろう。そこにあえて「ネオ」と付けたのは、AQUOS zero5G basicの発表時に小林氏が強調していた「何となくハイエンドを買う人がいなくなった」ことに関連する。端末値引きが規制される中、ユーザーはより端末価格をシビアに見るようになり、ミッドレンジが売れ筋の中心になりつつある。zeroシリーズもそこに照準を定め、かつてハイエンドスマホを使っていた人が満足できる製品を目指した。



 対するAQUOS sense6も、デザインやスペックはAQUOS zero6と似ている部分が多いが、IGZOと大容量バッテリーを合わせた高いスタミナですみ分けを図っている。



 気になる価格だが、2モデルとも、先代のAQUOS zero5G basicとAQUOS sense5Gと同等を想定しており、AQUOS zero6が5万円台、AQUOS sense6は3万円台を見込んでいる。AQUOS zero6はKDDIとソフトバンク、AQUOS sense6はドコモとKDDIが取り扱いを表明しているので、詳細はキャリアの発表を待ちたい。



 上記の価格に加え、必要十分なスペックと品質を目指したAQUOS zero6か、大容量バッテリーで安心して使えるAQUOS sense6か、といった視点で2モデルを選ぶことになりそうだ。


このニュースに関するつぶやき

  • でも、有機ELの根本的な欠陥を解消したわけじゃないから寒村や乙歩や謝麻績や富士通じゃなくてシャープを選ぶ理由が無いんだよな。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定