東村アキコ、自身初となるNFTアートを販売 「アーティストの気分になっていろんな絵を描いてみようと」

0

2021年09月28日 19:17  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真自身初のNFTを販売する東村さん
自身初のNFTを販売する東村さん

 漫画家・東村アキコさんの漫画『私のことを憶えていますか』の描き下ろしイラスト9作品が、9月30日12時からNFT(代替不可能なトークン)マーケットプレイス「Adam byGMO」で販売開始されます。



【その他の画像】



 NFT(Non-Fungible Token)は、ブロックチェーン技術を用いてIDや保有者情報などを記録することで、デジタル作品や商品の所有権証明に加え、販売者や保有者が二次流通以降の収益も得られるようにする仕組み。3月にはVRアーティストである、せきぐちあいみさんの作品がNFTオークションサービスで約1300万円の値を付けて落札されています。



 販売されるのは、日韓で同時連載中の『私のことを憶えていますか』の描き下ろしフルカラーイラストとレイヤー分けされたデータのセット9作品。価格は2万〜3万円となっており、各セット20個限定で販売されます。また、今後は特別描き下ろしカラーイラストや制作メイキング動画、インタビュー動画もNFTとして販売する予定とのことです。



 自身初となるNFTアートの販売。東村さんはコメントで、「このプロジェクトではアーティストの気分になっていろんな絵を描いてみようと思っております!」と、創作への意気込みを語っています。



・東村アキコさんのコメント



 この歳になって絵を描くことがどんどん楽しくなってきました。私は漫画の世界ではあくまでも漫画家ですが、このプロジェクトではアーティストの気分になっていろんな絵を描いてみようと思っております!


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定