ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」3号機、10月16日ごろ日本飛来へ

3

2021年09月28日 19:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

全日本空輸(ANA)が導入する、エアバスA380型機の最後の機体となる3号機(機体記号:JA383A)が、10月16日ごろにも日本に飛来する見通しであることがわかった。

10月14日には、エアバスの拠点があるフランス・トゥールーズでFacebookファングループ向けの現地発着ツアーを実施する。募集資料の中では、10月15日に飛行シーンが見学できる可能性があると記載されていたが、同日にもフェリーフライトを実施するとみられる。

3号機は2020年1月に、ドイツ・ハンブルクで塗装を完了。「空飛ぶウミガメ」を意味する「FLYING HONU(フライングホヌ)」の愛称で、それぞれ異なるウミガメの塗装を施しており、3機目はハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジの機体で、約120人が17日間でかけて、30種類のステンシル、16色の塗料を使用し、塗装作業を行った。当初は2020年春にもフェリーフライトを行う見通しだったものの、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、延期していた。

ハワイの「空」をイメージしたブルー初号機は2019年3月20日、ハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーンの2号機は2019年5月17日に引き渡され、それぞれ5月24日、6月18日から路線を投入を開始している。客室構成は3機ともに、1階にはエコノミークラス383席、2階にはファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席の計520席を配置している。

世界最大のエアバスA380型機の運航会社であるエミレーツ航空は、11月にも最後の機体の受領することを発表している。

このニュースに関するつぶやき

  • ついに3号機が来るのですね���Ե�
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定