意外に知らない!? 男性が「下品だなと感じてしまう女性の“言動6つ”」

5

2021年09月28日 21:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
女性が品があると思っている所作、行動が必ずしも男性から見て「上品」と認識するとは限りません。

品がいい女性はみんな使ってる! 男性がときめく「6つの言葉」

そこで今回は、男性数人にリサーチして男性達がふと「ちょっと下品かも……」と女性に思ってしまうエピソードを紹介していきます。

男性から「上品な女性に見られたい」と思っている、なぜか男性に上手く自分をアピールできていないと考えている女性は、ぜひ参考にして下さいね。

■男性が上品だと受け止めない言動6つ

■1.高級ブランド品も「複数だと下品」に見えてしまう

Aさん(男性/30歳/自営業)は絶賛婚活中ですが、デートの場に高級ブランド品を複数身に着けている女性を見ると、上品、お嬢様というよりは「ちょっとやり過ぎなのでは」「持ちすぎると、逆に下品に見えてしまう」と思ってしまうそう。

もちろん、全体的にバランスよくブランド品を身につけるのであればいいのですが、あまりに持ちすぎていると、そのうち高価なプレゼントを求められるのではと思い、誘うのも躊躇してしまうそうです。ブランド品もくれぐれもほどほどに持つことが大切なのかもしれませんね。

■2.育ちの良さもアピールしすぎはNG

Bさん(男性/28歳/宝石商)は、最近オンラインデートした女性の話が終始、育ちや学歴、仕事の自慢ばかりで、少しうんざりしてしまったそうです。

女性は自分が有名私大卒で高学歴、幼少期からバイオリンを習っていたなど、教養があって育ちのいいところを上品と捉えているようでしたが、Bさんにはそれが自慢話のように聞こえてしまい、かえって逆効果だと話していました。

せっかく育ちがいい、高学歴など自慢できるポイントがあるのなら、あえてひけらかすのではなく黙っておいて、時折会話の中で醸し出すくらいが上品な印象を与えます。

■3.遠まわしのおねだり行動は結局「おねだりと同じ」

Cさん(男性/25歳/金融関係)の彼女は美人で、お嬢様風の雰囲気です。

ただ、彼女は「シャネルの可愛いバッグが雑誌で紹介されていた」など、高級ブランド品の話をすることが多く、お店に行くと必ず、ブランドショップに入りたがります。

彼女は「これが欲しい」とはハッキリ言わないものの、真剣なまなざしで商品をチェックする彼女を見ると、Cさんはどうしてもおねだりされているように感じてしまうそうです。

彼女的には、はっきり「欲しい」と言わないことが上品だと思っているのかもしれませんが、遠まわしな行動の方が何が欲しいかも結局わからないし、高級品ならなんでも欲しがる人のように見えて、かえって下品に感じてしまったそうです。

高価なものをおねだりしたいなら、頻繁に店に連れていくよりも「これが欲しいなぁ」とはっきり伝えて、それ以上は何も言わないくらいの方がいいのかもしれませんね。

そもそも、本当に上品な人であれば、遠まわしなおねだり行動もせず、自然と何かを買ってあげたい気持ちにさせてしまうのかもしれません。

■4.言葉は丁寧で上品なのに「質問攻めが多い」

Dさん(男性/30歳/公務員)が婚活パーティーによく参加していたころ、仕草や言葉使いが上品なのに「どこにお勤めなのですか」「両親と同居されていますか?いつか、家を出ようと思ったとこはないのですか?」など、やたらとプライベートや仕事について踏み込んだ質問をしてくる女性に遭遇し、たじろいてしまったことがあるそうです。

Dさんは、どんなに言葉使いや仕草が上品で綺麗であっても、踏み込んだ質問をガンガンしてくる女性には上品さを感じないのだそう。

男性から見る上品さとは、言葉使いや見た目よりも、どの程度の質問なら相手に失礼ではないか、不快に思われないかなど配慮した会話ができる女性なのかもしれませんね。

■5.ハンカチで口元をおさえる仕草も「やりすぎは逆効果」

Eさん(男性/36歳/金融関係)が婚活していたころ、笑う時にハンカチで口元をおさえる仕草をする女性に多く遭遇したそうです。

この行動は、笑った時に大きな口を男性に見せないようにする上品な仕草と一般的に言われていますが、あまり頻繁にやられてしまうと「もしかして、馬鹿にされてる?」「失笑されているのかな?」と、かえって不愉快に感じてしまったそうです。

また、やり過ぎると普段からハンカチで口元をおさえて笑う人ではなく、婚活の場でいい印象を持ってもらうためにわざわざ無理しているような仕草にも見えて、かえって下品な印象を感じてしまったとか。

普段からハンカチで口元をおさえているのなら身についた所作なので、相手に違和感は与えないでしょう。ですが、不慣れであれば無理をしない方が自然体で、好印象を残すことができます。

■6.どんなに丁寧なメールでも「肝心なのは内容」

Fさん(男性/40歳/自営業)が婚活で出会った女性は、おしとやかで清楚な雰囲気。メールの文章も丁寧で長いのですが、内容は自分が「今日、何をするかなど」自分の話が多く、回答に大変困ったそうです。

メールの文章は敬語が使われており、確かに綺麗で丁寧なのですが、内容があまりに「自分ありき」だと、上品さよりも下品さを感じてしまったとか。

メールを打つ時は、文面の丁寧さよりも相手への気遣いを意識することが大切と言えるでしょう。

■男性に下品と思われないよう注意すること

■1.形よりも相手への気遣いが「上品さ」への近道

男性は、言葉使い、立ち振る舞いのような表面的な上品さよりも、とても極端な言い方をすると、一歩下がる奥ゆかしさに女性らしさ、上品さを感じます。上品な女性として男性に見られたい方は、まずは所作よりも相手を立てる、気遣いを忘れないことが大切だと言えます。

■2.上品さをアイテムで見せようとすると逆効果

上品さを醸し出すために、高いヒールの靴、ハンカチで口をおさえる、シャネルなどのブランドバッグをレンタルで持ってみるなど、無理してアイテムで見せようとしてしまうとかえってボロが出てしまい、それがバレてしまうと逆に下品な印象を与えてしまう可能性があるので、くれぐれも無理はほどほどにしましょう。



上品さとは日々の積み重ねで醸し出される部分が多いものなので、無理は禁物です。上品にみられたいのなら、あえて「上品に見せる」のではなく、一歩下がって奥ゆかしさを演出した方がベターです。

このニュースに関するつぶやき

  • 上品さ、イタリアンやフランス料理フルコースディナーに連れていけばわかる。んじゃない(^_^;
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 安心しよう。下品な男と叩き込まれた男とでは見る目も感じ方も全く違う。とどのつまり、分相応の相手と一緒になる事が多い。皇室も地に落ちたとまでは言わないけどねw
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定