中日が31イニングぶり得点で先制 2ケタ勝利リーチの柳が自援護打

0

2021年09月28日 21:04  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・柳裕也
中日・柳裕也
中日 − 巨人
<23回戦 バンテリンドーム>

 中日が不名誉な無得点記録を30イニングでストップ。先発投手の9番・柳裕也が4回に犠飛を放ち、31イニングぶりとなる得点を挙げた。

 24日のヤクルト戦初回から3試合連続で無得点に抑え込まれ、試合前の時点で27イニング連続無得点となっていた中日。この日も3回まで毎回得点圏に走者を進めながら攻めきれない展開だった。

 それでも4回、相手先発・戸郷翔征から連続四球をきっかけに一死満塁のチャンスを迎えると、9番・柳が右翼へフライを放ち、三塁走者・福留孝介が生還。待望の得点をスコアボードに刻み込んだ。

 柳は試合前時点で9勝(5敗)を挙げており、2年ぶり2度目となる2ケタ勝利にリーチ。自らのバットで先制点を叩き出す“自援護打”でシーズン10勝へ前進した。


【動画】柳裕也が自援護打!チームの不名誉記録をストップ

自ら試合を動かした!!


先発 #柳裕也
先制点をもたらす犠牲フライ🔥

⚾#プロ野球 (2021/9/28)
🆚中日×巨人
📱Live on #DAZN#中日ドラゴンズ #dragons #NPB pic.twitter.com/5UV7hCi9ee— DAZN Japan (@DAZN_JPN) September 28, 2021

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定