中日・柳が8回1失点の好投で2年ぶり10勝目 福留が値千金の4号決勝2ラン

10

2021年09月28日 21:04  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・柳裕也
中日・柳裕也
○ 中日 5 − 2 巨人 ●
<23回戦 バンテリンドーム>

 中日が接戦を制し連敗を2でストップ。先発の柳裕也は巨人打線を相手に8回5安打1失点、1四球10三振で完投し、自身2年ぶりとなる2ケタ10勝目に到達した。

 柳は立ち上がりから丁寧にコースを突く投球で巨人打線を翻弄。4回にはともに2ケタ勝利を目指す戸郷翔征を相手に自ら一死満塁のチャンスで先制犠飛を放ち、チーム31イニングぶりとなる得点も叩き出す活躍で、テンポよくゲームメイクした。

 しかし、8回先頭の5番・亀井善行に右二塁打で出塁を許すと、6番・中島宏之の投手前バントで三塁アウトを目指すもオールセーフ(記録は野選)で無死一二・三塁のピンチ到来。併殺の間に同点のホームインを許した。

 それでも直後の8回、先頭の3番・大島洋平が内野安打で出塁すると、一死後に5番・福留孝介が値千金の4号勝ち越し2ラン。球界最年長の頼れる大ベテランが2番手左腕・中川皓太のスライダーを振り抜き、右翼ポール際へ放り込んだ。

 この回さらに7番・木下拓哉にも11号2ランが飛び出した中日は、4点リードの9回をクローザーのライデル・マルティネスが締め、8回1失点の柳が自身2年ぶりとなる2ケタ勝利に到達した。

 この日の結果を受け、柳はリーグトップの防御率が「2.16」から「2.10」に良化し、奪三振数もダントツの155個まで増加。勝利数もリーグトップの盒桐サ(巨人)と1差に迫り、投手三冠の可能性も見えてきた。


【動画】柳裕也が自援護打!チームの不名誉記録をストップ

自ら試合を動かした!!


先発 #柳裕也
先制点をもたらす犠牲フライ🔥

⚾#プロ野球 (2021/9/28)
🆚中日×巨人
📱Live on #DAZN#中日ドラゴンズ #dragons #NPB pic.twitter.com/5UV7hCi9ee— DAZN Japan (@DAZN_JPN) September 28, 2021

このニュースに関するつぶやき

  • 福留が落合を超えた。 落合の44歳シーズンはホームラン3本だったよな。
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 柳投手、ナイスピッチングでした���åɡʾ�����������中日ドラゴンズは、打線が良くなれば、来季は上位に行けるとは思いますけどね�Ԥ��Ԥ��ʿ�������柳投手が、いるんだからね��������
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定