【巨人】井端氏、8回の配球に「ストレートの反応を見れば…」

2

2021年09月28日 21:04  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人の中川皓太 (C) Kyodo News
巨人の中川皓太 (C) Kyodo News
○ 中日 5 − 2 巨人 ●
<23回戦・バンテリンドームナゴヤ>

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された28日の中日−巨人戦で解説を務めた井端弘和氏が、巨人の中川皓太、大城卓三のバッテリーの8回の配球について言及した。

 1−1の8回、この回からマウンドにあがった中川は先頭の大島洋平に三塁内野安打を打たれる。続くビシエドを右飛に打ち取ったが、福留に1ボールから2球目のスライダーをライトポール際に勝ち越し2ランを浴びた。

 井端氏は「ストレートの反応を見れば、スライダーを狙っているのはわかっていたと思うんですよね。左対左のときにスライダーを狙っているのが多いのでね。全球まっすぐでもいいのかなと。福留選手に限って、左対左でスライダーを投げちゃいけないですよね」と指摘していた。

 続く高橋に対しては全球ストレートで攻めるも、5球目のストレートをセンター前に弾き返された。井端氏は「福留選手にスライダーを打たれたかといって、高橋選手にまっすぐ、まっすぐだったじゃないですか。そういうのは対バッターで見ていかないと。バッターも変わっている」と指摘していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 記憶力・洞察力・観察力・献身性の無い人は捕手をやってはダメって事です。去年と今年、一番多くマスクを被って全く成長・学習しない。それが大城です。
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定