アニメ2期開始目前! 今からでも間に合う『半妖の夜叉姫』1期振り返り直前予習

0

2021年09月28日 21:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

※本記事は作品の内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

【最新話レポ】『東京リベンジャーズ』「最悪の展開になってない…?」現代に戻ったタケミチが危機的状況に!/アニメ第24話

 2020年の秋から約半年間放送されたTVアニメ『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』(高橋留美子)のスピンオフ作品である。その弐の章(第2期)が、2021年10月からいよいよ放送開始となる。

『半妖の夜叉姫』のポイントは『犬夜叉』のスピンオフかつ続編で、TVアニメ用のオリジナル企画だということ。原作コミックもないため、本稿のライターは先の読めない展開を毎週楽しませてもらった。

 この記事ではそんな話題作の第2期が始まるに前に、第1期を振り返る。アニメオリジナルの「るーみっくわーるど」。『半妖の夜叉姫』とはどんな作品であるのか、その魅力をご紹介していきたい

 長い長い物語だった『犬夜叉』をすべて読んで(見て)いなかった方も、第1期を見ていなかった方も、本記事で予習をすれば、第2期をスムーズに楽しめるはずだ。(以下、最新情報含め、本作のネタバレがあります)

主人公は殺生丸と犬夜叉の娘たち、3人の“夜叉姫”

 舞台は令和の現代から約500年前、戦国時代の日本。どんな願いもかなえる力があるといわれる“四魂の玉”をめぐる戦いを終えた日暮かごめと犬夜叉、彼の兄・殺生丸。それから十数年後、犬夜叉とかごめの娘、殺生丸の双子の娘たちが主人公となり、新たな物語が幕を開ける。彼女たちは“夜叉姫”と呼ばれ、後述する三者三様の理由で妖怪と戦うのだ。まずは、夜叉姫3人のキャラクターとストーリーを紹介しよう。

【とわ】
 殺生丸と人間・りんの娘で、犬夜叉と同じ半妖(妖怪と人間のハーフ)である。銀色の虹色真珠の持ち主で、父親から受け継いだ銀髪が特徴。生まれてすぐ殺生丸による「剛臆の試し」(ごうおくのためし=獅子の子落とし)が行われ、双子の妹であるせつなと共に人里から離されて育つ。しかし10年前にせつなとはぐれ、時間を超える力を持つ時代樹の力で1人だけ現代にタイムスリップしてしまう。そこで出会った日暮かごめの弟、草太の養女として成長する。妖力は抑えているものの、力を持て余して喧嘩にあけくれ、当然連戦連勝。“この世界には弱いやつしかいない”といつも考えていた。14歳のある日、現代にタイムスリップしてきたせつなと、いとこにあたるもろはと出会い、記憶を失っていたせつなのために妖怪と戦うことを決意する。

【せつな】
 とわの双子の妹。金色の虹色真珠の持ち主で、母・りん譲りの黒髪をポニーテールにしている。「夢の胡蝶」により眠りと夢を奪われ、姉妹が別れるきっかけになった火災以前の記憶を失っているため、とわを姉と認められない。めったに感情を表に出さないが、強い妖力を秘めており、暴走時には右腕に“血刀”が出現する。弥勒の義理の弟・琥珀たちと共に、退治屋として妖怪と戦っていた。

【もろは】
 犬夜叉と日暮かごめの娘で、とわたちとはいとこ同士。赤の虹色真珠の持ち主。半妖の子供なので四半妖とも呼ばれる。性格は明るく、マイペース。戦闘力と嗅覚、荒っぽい口調は父親譲りで、容姿と霊力はかごめ譲りだ。唇に紅をさすことで、短時間だが大妖怪の血を覚醒させ「国崩しの紅夜叉」に変化できる。ある理由で、妖怪を退治してその死骸を売る賞金稼ぎとして生計を立てている。通り名は「化け殺しのもろは」。

 殺生丸、弥勒・珊瑚夫婦とその子供たちも登場し、楓も健在だ。彼らの力も借りて、“夜叉姫”たちは大妖怪・麒麟丸(きりんまる)と、その配下である妖怪たちとの戦いに挑む。

感動的だが衝撃のラスト! 1期のストーリーを振り返って予習しよう!

 ここからは、読むだけで分かる『半妖の夜叉姫』第1期のストーリーを振り返る。

 第1話「あれからの犬夜叉」は、『ヒーローズ・カムバック』や『犬夜叉ワイド版』(共に小学館)に収録された最終回後の話「あれから」がもとになっている。四魂の玉の消滅から数年後、犬夜叉とかごめは妖怪・根の首の退治に成功したかにみえた。だが根の首の残骸が、時間を超える力を持つ「時代樹」と人知れず一体化していた……。これが『半妖の夜叉姫』のストーリーにおおいにかかわってくる。

 それから時は流れ、とわ、せつな、もろはの3人が夜叉姫と呼ばれ、戦後時代で妖怪退治を行っているところが描かれる。それから少し時間は戻り、第2話では、とわとせつなが幼い頃に森の火災にまかれて、離れ離れになるところが描かれる。とわはその時、時代樹の力で戦国時代から500年後の現代へタイムスリップし、かごめの親族に育てられて成長する。一方せつなも無事で、かつて犬夜叉と共に戦った弥勒・珊瑚夫婦、その親族や子供たちの妖怪退治屋に身を置いて戦っていた。

 姉妹がそれぞれの時代で14歳になっていたある日、せつなは賞金稼ぎのもろはと偶然出会った。一緒に妖怪と戦っていたさなか、復活した根の首によって「時代樹」のトンネルが開かれ、ふたりは現代へ飛ばされる。彼女たちはとわと出会うが、せつなは姉を覚えていない。これは「夢の胡蝶」という呪術によるものだと、もろはは説明する。それは眠りと夢を奪われる術で、記憶を失うのはその副作用のようなものだというのだ。

 なお3人にはそれぞれ“虹色真珠”という、妖力を倍増させる小さな珠とその力が備わっていた。本作ではこれが重要なアイテムとなる。第4話で、時代樹に取りついていた根の首に「虹色真珠を渡す」という嘘の交換条件を持ち掛け、彼女たちは自分たちが生まれた戦国時代へ戻ることに成功する。

 第5話からは、とわはせつなの記憶を戻すため「夢の胡蝶」を追い、せつなは退治屋に戻り、もろはは賞金稼ぎを続ける。だが彼女たちと妖怪の戦いは、すべて3人の祖父・犬の大将と並び立つ大妖怪・麒麟丸につながっていく。

 第15話で犬夜叉とかごめが生まれたばかりのもろはと別れた理由、殺生丸が双子の娘を連れ去った場面が描かれ、物語は佳境に。第18話で夜叉姫たちは麒麟丸とついに対峙するが、ほぼ何もさせてもらえず敗北、突如現れた殺生丸に救われる。

 そして第1期の最終回・第24話では、夜叉姫たちは各々が真の力を覚醒させる。しかしそれでも麒麟丸を倒すにはいたらず、せつなが……。“自分の弱さ”に絶望するとわの前に殺生丸が現れ、ひと振りで百の命を救うといわれる「天生牙」を手渡すのだった。

残った謎は? ワクワクが止まらない弐の章、豪華コミカライズも決定!

『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』をもし見ていなくても楽しめるように作られていると感じた。もちろん『犬夜叉』を見ていれば(読んでいれば)より楽しめるのは間違いないが、世界観も数話見ると理解できる。とにかく3人の夜叉姫たちのキャラクターと活躍は、オリジナルアニメとしてじゅうぶんに楽しめるだろう。

 最後に第1期では明かされなかった不明点や伏線を書き出しておく。これらがどう描かれるかも第2期の見どころだ。

・せつなは復活できるのか
・犬夜叉とかごめ、そしてりんはどうなるのか
・殺生丸の目的
・時の歯車とは何か
・時代樹と麒麟丸の関係
・りんの命運を握る麒麟丸の姉・是露の行方
・現代世界に近づく妖霊星(ようれいせい)
・とわの担任・希林理(きりん おさむ)と理玖(りく)の正体と思惑

 衝撃的な第1期のラストから、夜叉姫たちが再び立ち上がり、麒麟丸とどのような戦いをみせてくれるのか、今から楽しみである。

 さらに本作について大きなトピックがある。「少年サンデーS」(小学館)でのコミカライズ『~異伝・絵本草紙~半妖の夜叉姫』の連載が始まったのだ。しかも作者は『絶対可憐チルドレン』(小学館)の椎名高志氏。高橋留美子ファンを公言し、自分から頼んで企画に参加したのだと言う。

 新キャラクターの情報も解禁され、よりスケールアップが期待される『半妖の夜叉姫』。第2期スタートまでもうあとわずかだ。今からワクワクが止まらない。

文=古林恭

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定