「ブレンパワード」初のBD-BOX化、富野由悠季監督から当時を振り返ったコメントも

8

2021年10月15日 20:32  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「ブレンパワード Blu-ray Revival Box」キービジュアル
「ブレンパワード Blu-ray Revival Box」キービジュアル
TVアニメ「ブレンパワード」初のBlu-ray BOXが、2022年3月29日に発売される。

【大きな画像をもっと見る】

「ブレンパワード」は富野由悠季が監督を務め、1998年にWOWOWにて放送されたオリジナルアニメ。謎の巨大生命体オルファンを巡る戦いを軸に、偶然ブレンパワードに乗り込んだ宇都宮比瑪、オルファンに従う組織リクレイマーの伊佐未勇らの家族や親子の愛など普遍的なテーマが描かれた。今回のBlu-ray BOX化は、本日10月15日に富野監督、宇都宮比瑪役の村田秋乃らを迎えて行われた「ブレンパワード」のトーク付き上映にて発表された。

「ブレンパワード Blu-ray Revival Box」には、アニメ全26話を富野監督監修のもと、2007年版HDリマスター映像を現在の視聴環境に合わせてブラッシュアップしたものを収録。収納ボックスにはアニメーションデザインを担当した重田敦司描き下ろしイラスト、デジジャケットには重田とメインデザインを務めたいのまたむつみ描き下ろしイラストがそれぞれ使用されている。さらにWOWOWにて過去に放送された特番など、歴代のDVDに収録されてきた特典映像も併せて収録。封入されるブックレットは108ページのボリュームとなることも明かされた。また村田の新規ナレーションによる告知PVを公開されている。

富野監督は「ブレンパワード」制作の3年ほど前から鬱病だったと明かしながら、「二度目の欝感覚から脱出していた頃に、永野護氏の事務所に出掛けて、ブレンのキャラを貰い、ついで、 いのまた氏を紹介してもらって、キャラを創出していただけた。この経緯がぼくにとってのリハビリになって、企画が進められたので、特異な作品になってしまったという反省と同時に、新境地を拓くためには、このような経緯もあるという仕事になった」とコメント。最後は「関係者には本当に迷惑をかけたと思っている」と締めくくっている。

■ 富野由悠季監督コメント
WOWOW初のアニメ企画をやらせていただける三年ほど前から、ぼくは鬱病だったらしい。で、二度目の欝感覚から脱出していた頃に、永野護氏の事務所に出掛けて、ブレンのキャラを貰い、ついで、いのまた氏を紹介してもらって、キャラを創出していただけた。この経緯がぼくにとってのリハビリになって、企画が進められたので、特異な作品になってしまったという反省と同時に、新境地を拓くためには、このような経緯もあるという仕事になった。関係者には本当に迷惑をかけたと思っている。

※記事初出時、キャラクター名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

(c)サンライズ

このニュースに関するつぶやき

  • クリスマスプレゼントだろぉ! にならないw
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • クリスマスプレゼントだろぉ! にならないw
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

オススメゲーム

ニュース設定