京成スカイライナーの帰国者専用車両、運転拡大 10月30日から倍増

1

2021年10月16日 08:31  TRAICY

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

京成電鉄は、成田空港への帰国・入国者を対象とした、スカイライナーの専用車両「KEISEI SMART ACCESS」の運転を拡大する。

運休中のスカイライナーが運転を再開することに伴うもので、10月30日以降は平日・土休日ともに14便増え、1日28便体制となる。午前9時台から午後7時ごろまでに成田空港を出発する列車が対象で、時間によっては対象列車がない場合もある。

「KEISEI SMART ACCESS」は、2020年12月28日にサービスを開始。帰国・入国後14日間は、公共交通機関の利用が制限されるものの、スカイライナーの8号車に設けた専用車両のみ利用できる。京成上野駅で下車後にハイヤーや自身で手配した送迎車で移動する必要がある。途中駅での下車はできない。

料金は、京成上野駅駐車場の駐車サービス券付きの「KEISEI SMART ACCESS」が4,500円、東京23区内までのハイヤー付きの「KEISEI SMART ACCESS PREMIUM」が20,000円。いずれも京成トラベルサービスが販売する。

    ニュース設定