吉高由里子『最愛』衝撃の冒頭30分「怖い」「面白い」 『Nのために』を彷彿とする声も

102

2021年10月16日 08:59  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ドラマ『最愛』第1話の場面カット (C)TBS
ドラマ『最愛』第1話の場面カット (C)TBS
 女優・吉高由里子が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜 後10:00)。第1話が15日に放送された。冒頭30分間で怒涛の展開をみせ、放送中にはツイッターに作品関連のワードのほか、「Nのために」がトレンド入りした。

【写真38枚】衝撃の展開!吉高由里子が多彩な表情…

 本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。事件の真相を追う捜査一課の刑事で、梨央の初恋の相手でもある宮崎大輝を松下洸平、梨央が代表取締役を務める「真田ウェルネス」の法務部に所属し、真田グループの“番犬”として真田家と会社を守る弁護士を井浦新がそれぞれ演じる。

 2006年、梨央が青春時代を過ごしていたのどかな田舎町で失踪事件が起きた。15年後、時代を牽引する実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れたことにより、当時の記憶とともに封印したはずの事件が再び動き出す。過去の失踪事件が現在の殺人事件へとつながっていく…。その事件の真相に迫る姿を完全オリジナルで描く。

 第1話冒頭では、高校生の梨央と、白山大学陸上部のエース・大輝が惹かれ合う様子を描いた。梨央は大学受験に、大輝は駅伝に向けて切磋琢磨し、爽やかな青春時代を送る2人に「癒やされる」「お似合いの2人」「ずっと見ていたい」などの声が寄せられた。

 しかし、幸せな時間も長くは続かず、大学院生の渡辺(朝井大智)が登場すると作品のトーンが一変し、“ある事件”に巻き込まれる。約30分間で繰り広げられる“天国と地獄”のような急展開に視聴者は「怖い」「ゾッとした…」「幸せだった時間を返して…」など、さまざまな反応をみせた。

 今作の制作陣には、2014年にドラマ化された湊かなえ作品『Nのために』の塚原あゆ子監督と新井順子プロデューサー、脚本の奥寺佐渡子が参加しており、同ドラマを彷彿とする声も多く見られていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 宇多田ヒカルが主題歌って事で観たらけっこう面白いドラマ。 どうしても「最愛」をもあって読んでしまうw
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • なかなか見応えのありそうなドラマです。吉高由里子さん好きな女優だしこれからのストーリー楽しみ(^ω^)
    • イイネ!38
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(48件)

ニュース設定