巨人、反撃及ばず泥沼の10連敗…初回KOの盒9敗目、4位の広島が3差に接近

188

2021年10月16日 17:50  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・原辰徳監督(C) Kyodo news
巨人・原辰徳監督(C) Kyodo news
● 巨人 7 − 8 広島 ○
<25回戦・東京ドーム>

 巨人は終盤の反撃も届かず4年ぶりの10連敗。借金2となり4位の広島に3ゲーム差に迫られた。

 初回からつまづいた。先発の盒兇呂いなり先頭打者弾を浴びると、その後も2本の適時打を許し1回途中6安打4失点でノックアウト。2番手・戸根も3回に2本の本塁打を浴び序盤で0−7と大量ビハインドを背負った。

 打線は広島先発・森下の前に6回まで無得点。それでも7回、5番・ウィーラーの14号ソロを口火に3点を返すと、なおも二死満塁で4番・岡本が左前2点適時打を放ち5−8。岡本はこの一打でリーグトップの打点数を112に伸ばした。

 3点を追う9回はウィーラーの2点適時二塁打で1点差に迫るも、なおも二死二塁の好機で最後は6番・中田が空振り三振。序盤の失点が重く初回KOの盒兇麓身4連敗となる9敗目(11勝)を喫した。

このニュースに関するつぶやき

  • 「好機で最後は中田が空振り三振」って、オチをつけてるとしか(≧∇≦)
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(116件)

ニュース設定