映画『SAO』世界40以上の国と地域で上映決定 公開直前映像が解禁でアスナの強い眼差し

11

2021年10月16日 19:18  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
 人気アニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)の新作映画『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』(10月30日公開)が、世界40以上の国と地域で上映されることが決定した。また、公開直前映像「世界編」が解禁された。

【動画】アスナがピンチ!強い眼差しを見せる公開直前映像

 ゲーム内での死は現実の死に直結してしまうデスゲーム《ソードアート・オンライン》の世界を映し出した本映像では、《これはゲームであっても遊びではない―。》というゲームマスターの宣告と信じ難い現実に絶望するプレイヤーたちの姿、そしてその中には怯えるシリカの姿が。

 襲い掛かる脅威のモンスターたちに立ち向かうミトとキリト。そしてラストにはアスナの強い眼差しとともに、「このゲームに、この世界に負けたくない。」と強い決意が込められた一言で締めくくられる映像に仕上がっている。

 原作者・川原礫氏がアスナ視点で描く新たな<アインクラッド編>の『劇場版ソードアート・オンラインプログレッシブ星なき夜のアリア』は、小説『ソードアート・オンラインプログレッシブ』が原作で、デスゲームの舞台であるアインクラッド第一層からクリアまでの軌跡を川原礫氏自らが描くリブート・シリーズ。キリトが<黒の剣士>となったエピソードや、《アインクラッド》編では語られなかったエピソードを描く。

 『ソードアート・オンライン』シリーズは、川原礫氏による小説が原作。主人公のキリトが、仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件に巻き込まれる物語。シリーズ累計2600万部を突破する人気作品で、2012年よりテレビアニメの放送がスタートし、第3期まで放送。2017年には劇場版も公開された。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 竿(意味浅)?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • オリヒロ、死ぬと分かってるからなんだかなぁ。生きてたらその後のストーリーに出てこなきゃおかしいし。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

オススメゲーム

ニュース設定