鉛筆で描かれた「蛇口」が言葉を失うクオリティー 金属の光沢感が美しい超リアルな鉛筆画が感動呼ぶ

292

2021年10月16日 22:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真とても鉛筆とは思えない光沢感
とても鉛筆とは思えない光沢感

 国内外から注目を集める写実鉛筆画家・大森浩平(@kohei6620)さんが、信じられないほど極めて精巧な蛇口の絵を公開しました。鉛筆で描かれたとは思えない光沢感に驚きつつ、同時に見惚れてしまうような美しさに感動します。



【メイキング動画を見る】



 ピカピカな蛇口の質感が伝わってくる大森浩平さんの新作。以前には「ボルトとナットの鉛筆画(無題)」や「スーパードライ」を描いて話題になりました。



 大森さんによると、制作時間は約1カ月、時間にすると60時間ほど。鉛筆とは思えないあの金属光沢は、H〜3Bの鉛筆を濃さによって使い分け、また反射している自分の部屋も丁寧に描くことで表現しているそうです。



 今回もコメントでは「白い紙と黒い鉛筆から光の世界が生まれるという、何という技術」「本物より美しい」と感動する声が上がり、漫画家の村田雄介先生も「見とれてしまいますね!綺麗です!」とリプライを寄せています。



 なお、制作過程は大森さんのTwitter/Instagramのほか、YouTubeにて長尺バージョンが公開されています。完成した作品を拡大するとモデル撮影時の映り込みまで描き込まれているのがわかりますが、メイキングを見ても理解出来ない技巧に改めて衝撃を受ける動画となっています。



画像提供:大森 浩平(@kohei6620)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 凄すぎて色んな感想が言えない、ただ言えることは、とても凄い!
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 絵の才能があったら亡くなったペットの絵を描きたい。外でみんなが自由に跳ね回り蝶々を追いかけ花の匂いを嗅ぎ、首輪も車も外敵もない世界で思いっきり遊ぶ姿を描きたい。
    • イイネ!125
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(159件)

ニュース設定