<離婚という名の脅し>【後編】旦那の家事の不手際を注意しただけで離婚を切り出された!?

0

2021年10月16日 22:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

前回からの続き。共働きである投稿者さん夫婦は家事の分担をしています。しかし旦那さんが洗濯物を担当した日には家族の衣類が行方不明になることがしばしばあるのだそう。たびたび重なる失敗に投稿者さんが「気を付けてほしい」と強めに指摘したところ、なんと旦那さんから離婚を突き付けられてしまいました。投稿者さんは驚いて話し合いを重ねようとしますが、取り付く島もないという状況のようです。

旦那さんに反省してもらうのは無理かも……


『家事ができていないと本人に自覚させる方法はないですか?』
いずれにしても話し合いを進めるためには、まずは旦那さんが家事の改善点を自覚する必要があるでしょう。旦那さんに「自分は家事ができない」と理解してもらう方法はあるのでしょうか?
『投稿者さんが旦那さんに自覚させたいと思うほど向こうは「自分は悪くない」って固執するよ。特に逃げるタイプは無理』
『旦那さんは「家事ができるようになろう」って気持ちがないんだよ。言われてるから仕方なくやる。当然うまくできないし上達もしないしミスしても投げやり。やってやってるくらいに思ってるよ。身の回りの世話なんてやってもらって当然という気持ちがある人には無理だと思う』
残念ながら「難しいと思う」との回答が寄せられました。ママたちからは「投稿者さんが旦那さんに自覚してもらおうと努力すればするほど、旦那さんは自分のミスを認めまいと意固地になると思う」との鋭い指摘が……。話し合いをすることもせずに離婚を突き付けるようなタイプの旦那さんならば、なおさらその可能性が高いと考えられたのかもしれませんね。

投稿者さんから離婚を切り出してもいいくらい!


旦那さんとは離婚をしたくないと考えている投稿者さんにママたちからは疑問の声が寄せられたようです。
『離婚を迫られているようだけど、この状況なら反対に投稿者さんから離婚を叩きつけるんじゃないの? なぜ離婚を推し進めないのか理解できない』
『旦那さんは「なんで自分がやらなきゃいけないんだ」って思ってるね。「じゃあもう離婚する」ってすごく幼くない? 投稿者さんも本気で離婚を考えるそぶりしてみたら?』
旦那さんから離婚を言い渡された投稿者さん。しかしママたちは「投稿者さんから離婚を突き付けてもいいくらいでは?」とどこかもどかしい気持ちを抱えているようです。分担した家事をきちんとしてくれない上に、それを指摘したら相手がふてくされる……たしかにこの場合に怒ってしかるべきなのは投稿者さん側のようにも思えますね。

離婚に踏み切らない理由とは?


投降者さんには離婚を避けたい理由が何かあるのでしょうか?
『私ひとりであればあっさり別れてます。子どもはパパが大好きなんです』
お子さんたちが旦那さんを大好きだからこそ離婚をしたくないと考えている投稿者さん。お子さんのことを思えばこそ離婚に踏み切れずにいるのでしょう。
『離婚という言葉で脅して、投稿者さんに妥協させようとしてるんだよね? お互い相手に変わってほしいと思ってるんだ。たかが家事の問題といえども根が深そうと思った』
『本当に離婚になるなんて思ってなさそう。旦那さんは駄々をこねてるだけじゃない? 落ち着いてもう一度話をしてみたら?』
ママたちは納得するとともに、離婚をちらつかせる旦那さんの行動に呆れにも似た感情を抱いたようです。表面的にはシンプルな「家事の問題」のようにも思えますが、ひょっとしたら夫婦間ではそれ以上に深刻な問題を孕んでいるのではないでしょうか。とにもかくにもお互いに相手に対して思っていることを、冷静に話し合ったほうがいいかもしれませんね。

今回のトラブルの本質は家事の問題だけではなさそう



投稿者さんに対してママたちからエールが送られました。
『「お金も稼がなきゃ、家事もしなきゃ」って投稿者さんは全然休めてないよね……なんで男性は家事ができなくても仕方ないという風潮になるんだろ』
『女性ばかり家事・育児・仕事とこなさないといけない風潮なのがおかしいよね。投稿者さんもストレスが溜まる一方だよね』
『投稿者さんもなんだか疲れていそうだから、たまには家事をサボって好きなことだけする日を作ってみたら? 両親が常にイライラしてる家より、1日サボって1週間機嫌のいい両親のほうが子どもも喜ぶよ』
寄せられたのは「とにかく少し休んで!」との労いの声。家事・育児もお仕事もして、しかも分担した家事はちゃんとこなしてもらえない……となると投稿者さんにかかる大変さは相当なものでしょう。「すべてをきちんとこなそうとするのではなく、たまには手を抜いてみて」と優しいアドバイスもあがりました。

分担した家事の不手際を指摘したら旦那さんから離婚を切り出された投稿者さん。突然の話に驚いてしまったことでしょう。しかし今回のトラブルの本質は家事の問題だけではないのかもしれません。もしお互いに思うところがあるのであれば、一度しっかりと話し合いをする必要があるでしょう。旦那さんと投稿者さんのふたりが納得のいく妥協点を見つけられるといいですね。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定