シン・ミナ、キム・ソンホとの雨のシーンは「苦労が報われた」“癒し”のラブストーリー「海街チャチャチャ」を語る

0

2021年10月16日 23:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真Netflixシリーズ「海街チャチャチャ」独占配信中
Netflixシリーズ「海街チャチャチャ」独占配信中
「心が癒されて安らぐような体験でした。視聴者の皆さんにも、美しい景色と温かい雰囲気に安らぎを感じてもらえれば」。そう語るのは、Netflix配信中の「海街チャチャチャ」で“歯科医”ユン・ヘジンを演じたシン・ミナ。“ホン班長”ことキム・ソンホと抜群のケミストリー(化学反応)を見せ、回を経るごとにユン・ヘジンという女性もその魅力を増して注目を集めている。

イ・ビョンホン主演「美しき日々」で妹役を演じて俳優デビュー、同じく映画『甘い人生』ではヒロインに。チュ・ジフン主演のラブストーリー『キッチン〜3人のレシピ〜』をはじめ、「アラン使道伝」「オー・マイ・ビーナス」「明日、キミと」など、常に一線で活躍してきたシン・ミナ。今作は「補佐官」シリーズ以来、2年ぶりのドラマ出演となった。

「気分転換に心温まるラブコメドラマをやりたいと思っていて、ちょうどそんな時に『海街チャチャチャ』の台本が届きました。台本を読むととても面白く、いろいろな面でヘジンと自分は似ていたので、この作品にぜひ参加したいと思いました」とシン・ミナ。ラブコメへの久々の出演を、楽しみにしていた視聴者は多いだろう。

「ファンにラブコメ女優として愛してもらえるのはうれしい限りです(笑)。そうですね、ラブコメは私自身大好きですが、他にも好きなジャンルはいろいろあります。ジャンルに関してはあまり選り好みしないんです。1つのジャンルや役柄にこだわるよりも、キャラクターや脚本に自分が引き込まれるかどうかで作品を選ぶことが多いですね」と話す。

「仕事に対して明確な信念を持ち、人生にも一生懸命」
“歯科医”ヘジンとの共通点

シン・ミナが演じた歯科医のユン・ヘジンは自立した女性で、完璧主義、不確かで曖昧なことは好まないキャラクターだ。「ヘジンはかなり率直にものを言う性格で、明確な人生の目標を持った完璧主義者です。そのせいでやや横柄で冷淡な人間にも思えますが、実際は情にもろく不器用なところがあります」と言う。「そのことを彼女自身は自覚していないのですが、それが可愛らしくて、この役を演じたいと思いました。ヘジンと共通点があるかと言えば…ヘジンは率直で竹を割ったような性格ですが、私は違いますね。でも情にもろくて人懐っこいところは似ていると思います」と明かす。

「彼女は自分の仕事に対して明確な信念を持っていて、人生に対しても一生懸命です。彼女のそんなところが本当に好きなんです」とシン・ミナ。不器用で親しみやすく、実は人懐っこい…。“ホン班長”ことホン・ドゥシクともどこか相通じるが、「そういう自分の一面を自覚していないところがまた可愛らしいですよね」と続ける。

キム・ソンホ演じるホン・ドゥシクの姿は
「自分の生き方を考え直すきっかけになる」

では、ドゥシク(キム・ソンホ)とチ・ソンヒョン(イ・サンイ)の一番好きなところは? と尋ねてみると、「ドゥシクは一見おせっかいですが、実は優しい心の持ち主です。あまりスマートな感じではないですが、人生を楽しむ術をよく理解している人です。彼のそんな他人に優しいところや、自由気ままなところは本当に尊敬しています」と言う。「都会でせわしない毎日を送っている私たちにとって、そういったドゥシクの姿は、自分の生き方を考え直すきっかけになると思います。ドゥシクは、コンジン村の住人に何かあったら、それが誰であっても助けに駆け付けるような人なので、きっと誰からも愛されていることでしょうね」と、ヘジン並に “愛の言葉”が止まらない。

また、TVプロデューサーのチ・ソンヒョンについても、「自分の仕事を愛していて、仕事の楽しみ方をよく心得ている人」と断言。「だから、彼と一緒に働いたことがある人や、彼と知り合いになった人は、みんな彼のとりこになってしまうんです。彼の仕事に対する情熱や、おおらかな性格は好きですね」と語る。そして、キム・ソンホ、イ・サンイと顔を揃えると「NGをいっぱい出してしまった」そうで、「3人ともこのドラマの撮影を本当に楽しんでいました」と朗らかに振り返った。

「とても美しい映像」と振り返る
お気に入りのシーンは?

さらに、劇中で印象に残っているシーンを「(第6話)灯台歌謡祭のシーンは記憶に残っています。それに(第5話)ドゥシクが雨のなか海辺にいるシーンも」と挙げる。「灯台歌謡祭はお気に入りのひとつですね。キャストが一堂に会するシーンですし、参加者が舞台でそれぞれの特技を披露するので、見ていて楽しいですよ。雨のなかでのドゥシクとのシーンはいまだに忘れられません。天気があまり良くなく、雨が降ってとても寒かったので撮影が大変でしたから。でもモニターでチェックしたら、とても美しい映像が撮れていたので、苦労が報われた思いがしました」と語る。

彼女にとっても、ヘジンとホン班長の距離がさらに縮まる(ファンもおそらく大好きな)このシーンは、とても思い入れあるものとなったようだ。

そんな本作を手がけたのは、「明日、キミと」でもタッグを組んだユ・ジェウォン監督。かつてシン・ミナは、監督の自然体で気取らない作風が好きだと語っていたことがあるが、「台本にない場面も劇中にはたくさんあって、そういうシーンのおかげで、撮影がますます楽しくなりました。 撮影しているとき、私たちがセリフを言い終えても監督は『カット!』って言わないんです(笑)。 だから間が空かないように、アドリブで何か言わないといけないんです。監督はそういうアドリブの部分を使っちゃうんですけど、そういったシーンによって作品に深みが出て、より面白くなったと思います」と打ち明ける。

今作に根付く“温かさ”は、そうした演出からも来ているのかもしれない。「『海街チャチャチャ』が特別なところは、この作品がコンジン村に住むさまざまな人々を描いている点です。そういった人々の物語がメインの登場人物たちの物語に織り込まれることで、作品の深みと面白さが増しているんです」と、ヘジンやドゥシクを取り囲む大切なキャラクターたちにも思いを寄せていた。

Netflixシリーズ「海街チャチャチャ」はNetflixにて独占配信中。



(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定