カニが人間の手足を手に入れて“自由”になるも…… 失ったものに気付く漫画が味わい深い

0

2021年10月17日 07:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真身体の自由を得たカニは幸せになれるのだろうか(作品提供:犬のかがやきさん)
身体の自由を得たカニは幸せになれるのだろうか(作品提供:犬のかがやきさん)

 「もっといろんなことができる手と、いろんな方向へ歩ける足が欲しい」――。そんな願いを叶えたカニの漫画が、「幸せとは何か」と問いかけてくるようで、考えさせられます。



【漫画を読む】カニが失ったもの



 願った通り、自由に動く手足を得たカニは感慨にふけりますが、いいことばかりではありません。身体は人間並に大きくなり、生きるためにはより多くのエネルギーが必要になってしまいました。



 それでもカニは前向きに、「いっぱい稼いで食わねば」と人間社会で働くことに。上司に厳しくしかられながらも、寝る前には満足げに「幸せだなぁ」とつぶやきます。



 そんなある日、自宅に荷物が到着。梱包が解きにくくて、カニは思わず「はさみはさみ」と右手に目をやります。しかし、目に入ったのは5本の指が生えた手のひら。カニは「そっか、もうはさみじゃないんだ」とつぶやくのでした。



 カニが自由を得る一方で失ったものに気付く、切ないラストは大きな反響を呼びました。カニは本当に幸せになれたのかどうかはなんとも言えず、リプライでも「望み通りになったのに、少しさみしい」「なんでもできるようになった代わりに、余計なことをしなくちゃいけなくなったんだね」「会社でガミガミ言われても『幸せだなぁ』って感じるカニに感動」「『もうはさみじゃない』って気付きも幸せなんだろうな」など、さまざまな感想が寄せられています。



 投稿主は犬のかがやきさん。今回の漫画は、診断メーカーで自作した「どうぶつ漫画のランダムお題」の診断結果をもとに執筆した作品で、お題は「しあわせなかに」でした。



作品提供:犬のかがやきさん


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定