メンフクロウの顔とナシの断面は似ている……? 飼育員による比較写真に「完全に一致」「吹き出しました」の声

0

2021年10月17日 10:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真こちらはメンフクロウのアイちゃん
こちらはメンフクロウのアイちゃん

 Twitterにナシとメンフクロウさんの比較写真が投稿され、そのそっくりさが話題となっています。



【画像:メンフクロウにそっくりなのは……梨!】



 山口県にある周南市徳山動物園には、メンフクロウの「アイ」ちゃんが暮らしています。アイちゃんの担当飼育員さんは以前から「果物のナシの断面とアイちゃんの顔が似ている」と思っていたため、今回実際に比較してみることにしたそうです。



 それでは早速半分(2分の1)に切ったナシと、いつものアイちゃんのお顔を比べてみましょう。



 そっくりです。



 次に3分の1に切ったナシと、シュッとしたアイちゃんのお顔を比べてみましょう。



 そっくりです。



 ナシ自体の色と形、そして目っぽく見える種とくちばしっぽく見えるヘタの配置など、どこを見てもアイちゃんのお顔にそっくり。じっと写真を見ていると、なにやらナシの断面がかわいく見えてくるような気がしてきます……!



 こちらのツイートには「これからナシを切るたびにアイちゃんを思い出しそうです」「これは飼育員さんじゃないと気づけませんね」「フクロウを飼いたいけれど飼えないのでナシを買ってきます!」といった、たくさんのコメントが寄せられています。



 アイちゃんは2016年に、周南市徳山動物園にやってきました。鳥類は性別を見分けることが難しいため当初は「性別不明」とされていましたが、2020年11月に検査を行ったところ「オス」と判別されたそうです。しかし2021年4月に何の前触れもなく卵を産み、実はメスだったことで飼育員さんたちをどよめかせたという、なんとも面白いエピソードを持っているアイちゃん。



 普段は動物園の南園正門入り口の近くにいるので、遊びに行ったときにはぜひ会いにいってみてくださいね。



 周南市徳山動物園は現在“今まで引き継がれてきたもの”を残しながらリニューアルを進めていて、間もなくアジアの熱帯雨林ゾーンがオープン予定とのことです。



 Twitterには、アイちゃんをはじめとした園内で暮らす動物たちの写真や動画がたくさん投稿されています。



画像提供:周南市徳山動物園(公式)(@TOKUYAMA_ZOO)さん


    ニュース設定