Rソックスが一発攻勢で1勝1敗のタイに戻す PS初の満弾2発、澤村は登板なし

2

2021年10月17日 10:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真初回に先制の満塁弾を放ったレッドソックスのマルティネス(中央)
初回に先制の満塁弾を放ったレッドソックスのマルティネス(中央)
【ア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦】
● アストロズ 5 − 9 レッドソックス ○
<現地時間10月16日 ミニッツメイド・パーク>

 アストロズ(西地区優勝)対レッドソックス(東地区2位/ワイルドカード)のリーグ優勝決定シリーズ第2戦が16日(日本時間17日)に行われ、ポストシーズン(PS)史上初となる2本の満塁弾を記録したレッドソックスが今シリーズの対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

 初戦を落としたレッドソックスは初回、1番・シュワバーの二塁打などで二死満塁の好機を作ると、6番・マルティネスが右翼席へ運ぶ満塁弾を放ち一気に4点を先制。2回も四球と2安打で一死満塁とし、3番・ディバースが右翼ポール際へ着弾する満塁弾を放った。1試合2本の満塁弾はポストシーズン史上初。3回には2番のキケ・ヘルナンデスが今ポストシーズン5発目の左越えソロを放ち9−0とした。

 打線の援護を受けた先発・イオバルディは6回途中3失点でポストシーズン通算4勝目をマーク。ブルペン待機していた澤村の登板機会はなかった。

このニュースに関するつぶやき

  • 朝の5時からMLB観戦のアメリカンリーグ優勝決定戦 そして9時からのナショナルリーグ優勝決定戦 NHK-BSさまさま ... 日本人はもっとMLB見ないと!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定