「カップウォーマー」「保温マグカップ」おすすめ5選 飲み物をいつでも温かく!【2021年10月版】

2

2021年10月17日 18:10  Fav-Log by ITmedia

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

写真サーモス「真空断熱マグカップ」(出典:Amazon)
サーモス「真空断熱マグカップ」(出典:Amazon)

 寒い季節のお供には、温かい飲み物が欲しいですよね。でもせっかくお湯を沸かして飲み物をカップに入れても、すぐに冷たくなってしまうのが悩みどころです。そんな時に活躍するのがカップウォーマーや保温マグカップです。

【その他の画像】

 カップウォーマーや保温マグカップを使えば飲み物をいつでも温かく保ってくれます。カップウォーマーには温度調整で好みの温度に設定する機能もありますよ。どんなモデルがあるのかチェックしていきましょう。

●カップウォーマー・保温マグカップ:対応しているカップの種類を確認

 まずカップウォーマーを使う前に、対応可能なカップの素材を確認することが大切です。ガラスやステンレス、セラミックなど幅広いカップに対応しているモデルも多いです。

 中には紙コップを温められるモデルもあります。普段自分が使っているカップの素材を調べて、対応しているか確認しておきましょう。なおカップウォーマーは保温マグカップが使えませんので注意が必要です。

●カップウォーマー・保温マグカップ:温度設定や保温効力をチェック

 カップウォーマーの場合は温度設定できるタイプがあります。40〜100度近い温度の間で設定できることが多いです。好みの温度に設定できるかを確認しておくのがおすすめです。

 保温マグカップの場合は保温効力をチェックしましょう。中と外の温度を断熱する真空断熱マグカップがおすすめです。70度以上を1時間キープできるものもありますよ。

●カップウォーマー・保温マグカップ:扱いやすさは? 防水・電源の自動オンオフ機能

 飲み物をうっかりこぼしてしまうことがあるかもしれません。そんな時に安心なのが防水仕様のカップウォーマーです。お手入れも楽にできるのでおすすめですよ。

 もう1つ気を付けたいポイントは電源の自動オンオフです。カップを置くと自動で加熱し、持ち上げると自動で電源が切れる電源の自動オンオフができるタイプのカップウォーマーを選ぶと、電源の切り忘れもなく安心です。

●カップウォーマー・保温マグカップおすすめモデルはコレ!

PGVAVA「カップウォーマー」

 防水仕様でお手入れも簡単なPGVAVAの「カップウォーマー」。ガラスカップ、ステンレスカップ、セラミックカップなどに対応しています。5つの温度設定があり、最大80度で保温ができます。

 マグカップを置くと自動加熱し、持ち上げると加熱を停止します。また、8時間継続して使用すると自動的に電源がオフになるので安心です。色展開はブラックやシルバー、グリーンなど豊富なラインアップ。価格は4000円前後です。

HOTTOP「電気保温プレート」

 コンパクトでシンプルなデザインが魅力的なHOTTOPの「電気保温プレート」。スイッチ1つで稼働するので、操作が簡単。稼働中はLEDランプが点灯します。コンセントに差して使用するタイプです。

 マグカップを約60度の適温で維持し、いつでもコーヒーやお茶などを本来の味で楽しむことができます。 価格は5000円前後です。

アイリスオーヤマ「マグボトル」

 保温も保冷もできるアイリスオーヤマの「マグボトル」。70度以上を1時間キープできます。中と外の温度を断熱するので中の温度を逃がしにくく、外の冷気も中に伝わりにくい構造になっています。

 ふたをしたまま飲めるタイプと、ふたを外して飲むタイプの2種類のふたが付属しています。底面にはすべり止めが付いていて安定感があります。色はブラックとホワイトの2色展開。重さは約231グラム。価格は1500円前後です。

サーモス「真空断熱マグカップ」

 飲み頃温度を長時間キープしてくれるサーモスの「真空断熱マグカップ」。ステンレス製の魔法瓶構造なので、保温と保冷どちらも対応しています。ふた付きなのでほこりを防ぎ、冷めにくいのも特徴です。

 丸みを帯びた口当たりの良い飲み口も魅力です。サイズは280、350、550ミリリットルがあります。色はブラックやネイビー、ピンクなど豊富に展開。価格は1400円前後です。

THANKO「おひとりさま用マグケトル」

 マグカップと電気ケトルが一緒になった沸かして飲めるマグカップが、THANKOの「おひとりさま用マグケトル」。これ1つあれば、座ったまま沸かして飲むことができます。45〜100度の間で温度設定が可能なので、保温から沸騰まで対応しています。

 飲み物はもちろん、ちょっとした鍋としてスープや味噌汁も入れることができます。色はホワイトとミントグリーンの2色。容量は350ミリリットル。価格は5000円前後です。

    ニュース設定