【京都国際映画祭】桐谷健太『三船敏郎賞』受賞「すごくすごくうれしい」 無茶ぶりでアカペラ「海の声」

22

2021年10月17日 18:12  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『三船敏郎賞』を受賞した桐谷健太 (C)ORICON NewS inc.
『三船敏郎賞』を受賞した桐谷健太 (C)ORICON NewS inc.
 京都市内の各所で開催されている『京都国際映画祭2021』(17日まで)。『牧野省三賞・三船敏郎賞授賞式』が17日、京都・祇園花月で開催され、俳優の桐谷健太(41)が『三船敏郎賞』を受賞した。

【写真】『牧野省三賞・三船敏郎賞授賞式』に出席した倉科カナ

 世界的に活躍した名優・三船敏郎さんの名前を冠する同賞は、国際的な活躍を期待される俳優を表彰。2014年から同映画祭で授賞式が行われ、これまで役所広司、仲代達矢、阿部寛、浅野忠信、佐藤浩市、中井貴一、小林稔侍に続き、今年は桐谷が選ばれた。

 同映画祭のアンバサダーを務める倉科カナからトロフィーを受け取ると笑顔で「ありがとうございます」と一言。その後、司会の木村祐一から「それでは受賞された桐谷様。まずは一曲」とむちゃぶりが。「一曲?」と驚く桐谷だったが、すぐに「海の声」をアドリブ&アカペラで披露し、会場から大きな拍手を受けていた。

 今年は、黒澤明さんと三船敏郎さんの2人が初めてタッグを組み、1948年に公開された映画『醉いどれ天使』の舞台で、三船さんが演じた役に挑戦した。同舞台で見せた演技が受賞の理由になった。

 桐谷は「本当に、すごくすごくうれしいです」と喜びを語る。5歳のころから役者という仕事に憧れを持ったが、なり方もわからず「強い思いだけが拡大して、体の表面を越えて表情に出たんでしょう。たくさんの人から『目がギラギラしている』『すごい眼力』と言われ、何人かの人に『お前の眼光は往年の三船敏郎みたいやな』と10代のころに言われた」と明かす。そんな経緯もあり「強いつながりを一方的に感じていた。この賞をいただいたことで、これから日本でも世界でも活躍して人の心を震わせる役者に、俺はなる!」と力を込めていた。

 “日本映画の父”牧野省三氏の名前を冠する映画賞『牧野省三賞』は、映画監督の武正晴氏が受賞。武監督は「映画の発症の地の京都で、こういう賞をいただけるとは想像もしていなかった」と感慨を語ると「映画というものにこだわって、作っていきたい」と力を込めた。ただ、Netflixで配信中の武氏が監督を務めた『全裸監督2』に出演している木村祐一が司会を務めており、「Netflixでは…」と話しかけられると武監督は「『全裸監督』では、ありがとうございます。なんで(映画賞で)その話を…」と苦笑いを浮かべる一幕もあった。

 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で8回目。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。

このニュースに関するつぶやき

  • すごい名前の賞だね
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 歌、巧くはないんだろうけど堂々と唄うハートの強さも含めて桐谷健太すきw 本業で賞をいただけて良かったね!
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定