ダ・ヴィンチニュース編集部 ひとり1冊! 今月の推し本【10月編】

0

2021年10月17日 19:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真ダ・ヴィンチニュース編集部推し本バナー
ダ・ヴィンチニュース編集部推し本バナー

 ダ・ヴィンチニュース編集部メンバーが、“イマ”読んでほしい本を月にひとり1冊おすすめする企画「今月の推し本」。

 良本をみなさんと分かち合いたい! という、熱量の高いブックレビューをお届けします。

おばあちゃんにもらった平屋で。懐かしくて優しい日常『ひらやすみ』(真造圭伍/小学館)

『ひらやすみ』(真造圭伍/小学館)
『ひらやすみ』(真造圭伍/小学館)

 つい最近の出来事。隣家に住むお爺さんがリモート会議5分前にドリルのような凄まじい音を立て庭作業を始めたので、行き場を失った私は一か八かで窓を開けお爺さんに交渉。作業をとめてもらうことに成功した。3年住んでいるけれど、言葉を交わしたのは初めてで、年輪の深いこのお爺さんの人生にも色々なドラマがあったのだろう……と思った。とりとめもないようだが、『家、ついて行ってイイですか?』が好きだ。これもまた、普段知り得もしない人たちの日常の中に感慨深いドラマがあって心を揺さぶられるのである。

『ひらやすみ』(真造圭伍/小学館)の舞台は東京・阿佐ヶ谷。役者を目指して山形から上京した人柄の良さが取り柄の29歳青年(ヒロト)が、近所のおばあちゃんから一軒家を譲り受け、美大への進学が決まり上京してきた18歳のいとこ(なっちゃん)との二人暮らしが描かれる。なぜ、おばあちゃんはヒロトに家を(しかも地価も高いだろう土地を)譲ろうと思ったのか、後であらわになるそのシーンにはかなりぐっときてしまい、ほろり。ぜひ読んで味わってほしいのだが、自分が大人の階段をのぼるための知恵も何も持ち合わせていない、純粋に前を見て立っていた上京したての頃の気持ちを思い出しもした。

 本作で描かれるヒロトとなっちゃんの、いい意味で雑多な生活感満載の日常は人間臭くって、今から自分がまたできるものでもなくて羨ましくもあり、2人を取り巻く人間関係からこのあと物語がどう動いていくのだろうと期待してしまう。中央線沿線に住んだ経験のある人には懐かしい青梅街道や阿佐ヶ谷の空気感なんかも思い出されて、心地いい気分になれると思います!

いざ脳内北海道旅行へ! 遠出欲を大いに刺激する『駅に泊まろう!』(豊田巧/光文社)

『駅に泊まろう!』(豊田巧/光文社)
『駅に泊まろう!』(豊田巧/新潮社)

 まだまだ油断はできないけれど、遠出の計画を立ててもいいかなと思う今日この頃。落ち着いたらどこへ行こうかと想像するのが最近とても楽しい。なかでも北海道は未踏なので、昔から旅に行きたいNo.1の土地である。ただ北海道のどこ、という具体的なものがまだないので実現するのはもう少し先になるだろうが、とにかく北海道に上陸することを夢見ている。この小説で、そんな遠出欲と北海道欲と現実逃避欲がある私はしっかりと脳内旅行をすることができた。舞台は北海道にある比羅夫(ひらふ)駅。駅舎が民宿になっている、羊蹄山の西側に実在する駅だ。登場人物以外は現実に即した描写になっているそうだ。東京のブラック企業で働いていた女性主人公が、亡き祖父がオーナーだった比羅夫駅の宿を引き継ぐことになる。朝、上司に辞表を出したその足で新幹線・はやぶさのグランクラスに乗り、比羅夫駅に向かうところから物語が始まる。心身共に会社から解放され、超高級車両の車窓から東北〜北海道の自然を眺める。冒頭から「ええなあ」と思わずつぶやいてしまった。未知の土地で未経験の宿オーナーとして新しい人生をスタートした彼女は、同じ日本なのに東京とは違う時間の流れに驚き、そして見るもの、食べるもの、触るもの、出会う人に感動する。その姿に感情移入して一気に読み進めた。コロナで疲れた心へ一服の清涼剤になると思う。今夏に第三巻が出たので、北海道欲をさらに溜め込みたい。そうか、初の北海道旅行は比羅夫にしよう。

何も考えずにまずは読んでみてほしい、奈良がただそこに在る。『奈良へ』(大山海/リイド社)

『奈良へ』(大山海/リイド社)
『奈良へ』(大山海/リイド社)

 古都・奈良の東大寺、法隆寺をはじめとする名所旧跡を舞台に、売れない漫画家や不良になりきれない不良、大仏のお面を被り奈良の危機を訴えかける男など人生に行き詰まった者たちの群像劇が描かれる。登場人物それぞれが人生の「じゃない方」をもがき苦しみながら生きているのだけど、心に空いた穴の形も人それぞれで、そのどれもになぜか深く感情移入させられてしまう。彼らの悲哀はおそらく東京だったら受け止めてもらえず、ただ弾き返されてしまうだけだと思う。しかし、懐の深い奈良は彼らの悲哀も心の穴も何物をも黙って受け入れる。そして奈良は異世界の扉すら開けてしまう。文字通り、本当に異世界の扉が開くのだが、そうなってからの後半の展開が圧巻で、結果的に奈良は異世界からのあぶれ者すら受容してしまう。そこで奈良の長い歴史の片鱗が目の前に現れたような感覚になり、なんだかよくわからないカタルシスがあった。言葉で表現するのが難しいので、読んで感じてみてほしい。

 少年マンガは今、本当に面白い作品が多いけれど、その真逆のテンポとタッチで描くこういうマンガじゃないと表現できない感覚がある。わかる人だけ読めばいいマンガというのもある。こういうマンガと偶然出会うと、とても嬉しい気分になる。

主人公の躍動と信念に血が沸くほど興奮する!『墨攻(ぼっこう)』(森 秀樹:画、酒見 賢一:原作、久保田千太郎:シナリオ協力/小学館)

『墨攻(ぼっこう)』(森 秀樹:画、酒見 賢一:原作、久保田千太郎:シナリオ協力/小学館)
『墨攻(ぼっこう)』(森 秀樹:画、酒見 賢一:原作、久保田千太郎:シナリオ協力/小学館)

 時は戦国時代の中国。大国が敵国の小城を落とそうと、迫ってきていた。城主はこの絶体絶命の局面を乗り越えるべく、反戦を謳う城邑(じょうゆう)防衛戦のエキスパート集団である「墨家」に助力を要請し、今か今かと待っていたが、現れたのはなんと、たった1人の男だった――。そんな緊迫感あふれる状況から始まるこの物語は、酒見賢一氏の同名小説を森秀樹氏が作画、久保田千太郎氏がシナリオ協力し漫画化したもの。日中韓合作・アンディ・ラウ主演で映画化もされている。

 主人公は小城に1人だけでやってきた革離(かくり)。最初はみすぼらしい男が1人来て、いったい何になるのか! と周囲に蔑まれるものの、その戦感覚、防衛のための技術は超一流。途中、戦争の激しさやむごたらしさ、人間の業の描写に読んでいて苦しくなる場面もあるが、革離が知識と手腕で戦況をひっくり返していくさまは爽快で、どんどん周囲の信頼を勝ち取っていき、こちらもそのどんでん返しぶりに感心して惚れ惚れしてしまう。

 しかし、大軍を相手に一筋縄でいくわけもなく。そしてなぜたった1人で死地へやってきたのか、その真相を知ると革離というキャラクターが、途端に生々しさを増す。多くを語らず、自らも傷つきながら淡々と人を守る革離。ヒーロー視していたが、彼も魔法使いなどではなく、“無力な”1人の人間だった。ただ、残酷な時代に信念のみを胸に抱いて歩みを止めないでいるだけなのだ。兼愛、非攻は崇高だが、貫くにはつらすぎる。しかし、どうにかそのままで在ってほしい、と最後までページを繰る手が止められない。

覚えのある感情と未知の展開の驚きを同時に味わえる『六人の噓つきな大学生』(浅倉秋成/KADOKAWA)

『六人の噓つきな大学生』(浅倉秋成/KADOKAWA)
『六人の噓つきな大学生』(浅倉秋成/KADOKAWA)

 本作を読んでいると、遠い過去である就職活動の日々が脳裏に一気に舞い戻ってきた。自分の価値がさっぱりわからなくて、やりたいことはそれなりにあるけれど自信は皆無。就活マニュアルを読んでもさらに落ち込むばかりで正直うまくいかなかった。

 登場人物の6人はそれに比べたらずいぶんと優秀だ。なんといっても人気企業の初の新卒採用の最終選考に残った面々だ。私の時と違ってネットでの情報収集も完璧なのだろう、企業の人事に好印象を与える行動など憎らしくなるくらいうまい。だからなのか、仲間だった6人が、たったひとりの内定者という立場を争うことになり、さらに、グループディスカッション中に“犯人”によりひとりひとりの罪が告発されていく流れにはゾクゾクしてしまった。

 社会人経験もない学生の“価値”を、数回の面接やグループディスカッションで決める、というのは、なんと不確定要素の多い方法なのだろう。現代パートでわかる内定者以外の者の現状は、厳しいものが多いように感じた。やはり就活には人生がかかっているのだ。

 物語は読者の予想を気持ちよく裏切り、伏線が見事に回収され、満足感が残る。と同時に青春ものを読んだような甘酸っぱさもあった。きれいごとばかりでは勝ち抜けない就職戦線に、尋常ではいられない精神状態で臨む学生たちが直面した、とんでもなくイレギュラーな事態。面白さがいつまでも消えない作品だ。

濃すぎる4人の名探偵の推理合戦に、興奮しっぱなし。『推理大戦』(似鳥鶏/講談社)

『推理大戦』(似鳥鶏/講談社)
『推理大戦』(似鳥鶏/講談社)

 ミステリーには、いろいろな楽しみ方がある。張り巡らされた伏線を読み解いたと思ったら驚きの結末に遭遇し、鮮やかなトリックに唸らされる。あるいは、事件に挑む探偵役のキャラクターの人物像を満喫する。どちらも兼ね備えていたら最高!なのだが、似鳥鶏さんの最新刊『推理大戦』は、まさにそんな作品だ。

 本作には、ルーツや個性の異なる4人の名探偵が登場する。アメリカからは、AIを駆使するフリーのエンジニア、シャーロット・パウラ・ティンバーレイク。ウクライナの「クロックアップ探偵」、ボグダン・ユーリエヴィチ・コルニエンコ。日本からは警察系の訓練士・高崎満里愛。100パーセント嘘を見抜いてしまうというブラジルの少年、マテウス・リベイロ。前半は、名探偵たちの「地元」でのエピソードが描かれ、彼らの尋常ならざる能力が明らかになっていく(随所に挟まれる、ご当地のカルチャーを解説した似鳥さんならではの「注釈」も楽しい)。それぞれが長編作品で主人公を張れそうな最強の名探偵である彼らのキャラクターは、濃厚かつ魅力的で、読んでいて常にワクワクさせられる。後半では、彼らが北海道に集結し、「聖遺物」をめぐって推理合戦を繰り広げてゆく。

 ダ・ヴィンチニュースのインタビューで、似鳥さんは「ミステリ界広しといえども、日本でこれを書けるのは私くらいでしょう」とおっしゃっていたけれど、おそらくほぼすべての読み手がその言葉に納得するであろう、圧倒的な物量感で楽しませてくれる『推理大戦』。個人的には、ウクライナのボグダンのスピンオフを期待したい。


動画・画像が表示されない場合はこちら

    前日のランキングへ

    ニュース設定