「真犯人フラグ」2話、白目を剥く西島秀俊“凌介”に「こんな演技珍しい」、“差し入れ”には「可愛すぎる」の声

0

2021年10月18日 07:32  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「真犯人フラグ」第2話(C)NTV
「真犯人フラグ」第2話(C)NTV
西島秀俊主演、企画・原案を秋元康が手がける「真犯人フラグ」の2話が10月17日放送。西島さん演じる凌介の“差し入れ”に「可愛すぎる」という反応が集まるとともに“白目演技”にも「こんな演技珍しいw」といった声が寄せられている。

本作は妻と子どもたちが突如消えてしまった夫が、SNS投稿をきっかけに“悲劇の夫”から“疑惑の夫”になり社会的に追い詰められながらも、真実を暴く壮絶な戦いに挑んでいく…という、秋元氏と「あなたの番です」スタッフが贈る2クールノンストップ考察ミステリー。

妻子が失踪する相良凌介を西島さんが演じるほか、凌介の部下でクレーム処理担当の二宮瑞穂に芳根京子。失踪した妻の真帆には宮沢りえ。娘の光莉には原菜乃華。息子の篤斗には小林優仁。

凌介の友人で週刊誌「週刊追求」編集長の河村俊夫には田中哲司。凌介の職場を暴いたYouTuber・ぷろびんこと徳竹肇に柄本時生。常に2択を迫りがちな刑事・阿久津浩二に渋川清彦。阿久津とペアを組む落合和哉に吉田健悟。凌介の上司・太田黒芳春に正名僕蔵。また坂東龍汰、深水元基、桜井ユキ、佐野勇斗、生駒里奈らが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

2話では凌介の会社に謎の冷凍遺体が届き、警察から犯人扱いされることに。荷物の件は内密にされるがマスコミの取材攻勢は激しくなり、これまでとは一転、「家庭崩壊」「DV夫」「旦那サイコパス説」といった悪意ある憶測がネットで広まる。ぷろびんに勤務先が特定されたことでカスタマーサービス部にはデマを真に受けた苦情電話が殺到。集荷キャンセルの電話も次々とかかってくる…という展開に。

凌介をかばって太田黒に猛抗議する二宮。凌介は昼休みに屋上でランチをする彼女のもとに駆けつけ、「さっきはありがとう」と感謝の言葉を送ると、「これ、お礼ってわけじゃないんだけど」とシュークリームを渡そうとする。さらに「もし好きじゃなかったら…」とみたらし団子も袋から取り出す。

相手の好みを考え複数の差し入れを用意する凌介に「いそいそと甘いもの買ってくる西島さんかわいすぎ」「シュークリームもお団子もサラダチキンも買ってくるなんて可愛すぎるやろ〜〜〜」「和洋スイーツ用意してくれるの流石ww」などの声が続々と集まる。

そして後半では凌介が配送車のドライブレコーダーのデータを入手しようとするが、当直の社員に見つかってしまう。すぐさま彼に駆け寄り「大丈夫ですか!」頬をビンタしまくる二宮。凌介は二宮の作戦に気付き白目をむく“演技”をする…この場面にも「西島秀俊こんな演技珍しいw」「今日の一番の衝撃は西島秀俊のわざとらしい白目」「西島さんが白目剥いて叩かれてる所は面白かったなぁ」などの声が。

そのシーンと重なるようにして「DISH//」の「猫」が流れ出す…歌っていたのは“ぷろびん”。柄本さんの歌う「猫」にも「挿入歌なの!?って思ったら柄本時生が歌ってたwwwwww」「誰が歌ってんの?誰?誰?・・・柄本くんかーーーーい!」「柄本時生の猫爆笑」などの反応が寄せられている。



(笠緒)
    ニュース設定