即完売しそうだから早めにチェック。Minimalの2022年バレンタインは甘酸っぱい「苺」がテーマなんです

0

2021年10月18日 09:01  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

少し気が早いようにも思えますが、チョコレート専門店「Minimal -Bean to Bar Chocolate - (ミニマル)」の2022年バレンタインアイテムをご紹介。

 

“苺”をテーマにしたラインナップは即完売しそうな予感です。

希少な苺を使った贅沢な生ガトーショコラ

甘酸っぱい“苺”がテーマのMinimalのバレンタイン。

昨年即日完売したという『生ガトーショコラ -苺 from いちご家めい-』(税込3510円)はさらにアップデートして登場。

国内でたった1%ほどしか生産されない希少な品種「女峰」とミルククリーム、スペシャルティチョコレートのハーモニーが楽しめる贅沢な一品です。

上部の苺ジャムには、香川県「いちご家めい」さんから特別に仕入れた苺「女峰」を使用。

いちご家めいさんの「女蜂」は、香気がありジューシーで甘味と酸味がしっかり感じられる深みのある味わいが特徴なのだとか。

苺の味わいを最大限に活かすため、チョコレートはベリーのようなフレーバーのマダガスカル産カカオ豆が使われているそうですよ。

中央にはミルククリームを忍ばせ、苺ジャム&チョコとのバランスのよい仕上がりに。

特別な苺が使われた生ガトーショコラはプレゼントや自分へのご褒美にぴったり。

こちらはオンラインストア、代々木上原店にて販売されますよ。

バレンタイン限定、苺のガトーショコラ

代々木上原店には『ガトーショコラ ソフト -苺-』(税込3510円)がお目見え。

ひと手間加えた発酵生地から作られるコクと旨味のあるガトーショコラに苺をあわせた、バレンタインシーズン限定のフレーバーです。

中央には女峰のジャム、上部のグラサージュにも苺を使って華やかな仕上がりに。

チョコレートはニカラグア産カカオ豆を使ったミルクチョコ×板チョコとしても販売される「CLASSIC」を使用。

食べ進めるごとにミルクチョコからスイートチョコへ変化する味わいと香りを楽しんでくださいね。

苺のサンドクッキーも新登場

新作『チョコレートサンドクッキー -苺-(8個入)』(税込1944円)も季節限定で登場。

さっくりビターなクッキー生地でホワイトチョコ×苺のガナッシュをサンドした、ひと口めから甘酸っぱい苺を感じる味わいなのだとか。

ホワイトチョコはドミニカ共和国産カカオ豆から特別に搾ったシングルオリジンのカカオバターで作られているそうですよ。

こちらは富ヶ谷本店、代々木上原店、オンラインストアにて販売されます。

バレンタイン苺アイテムはいずれも1月初旬の発売予定。

完売必至のアイテムなので気になる人はお見逃しなく。

Minimalホームページ&オンラインストア https://mini-mal.tokyo

    ニュース設定