クーマンが復帰後初先発で鮮烈ゴールのファティを称賛「才能は否定の余地がない」

0

2021年10月18日 09:20  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真バレンシア戦で鮮烈なゴールを決めたファティ [写真]=Getty Images
バレンシア戦で鮮烈なゴールを決めたファティ [写真]=Getty Images
 バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督は、バレンシア戦で活躍を見せたスペイン代表FWアンス・ファティを称賛した。17日、スペイン紙『スポルト』が報じている。

 17日にバレンシアをホームに迎えたバルセロナは、長期離脱からピッチに戻ってきたアンス・ファティを復帰後初めてスタメンで起用。すると1点ビハインドで迎えた13分、デパイとのワンツーで左サイドから中央へ割って入ったファティは、“10番”を継承したリオネル・メッシを想起させる形から鮮烈なミドルを右足で決めてみせ、チームをその後の逆転勝利へと導いた。

 クーマン監督は、ケガ明けのファティの起用法にも言及しつつ、そのずば抜けた才能とクラブにとっての重要性を口にした。

「ゆっくりと、着実にフィジカル面を向上していかなければならないが、彼の才能は否定の余地がないものだ。今日は1時間ほどプレーしたが、どんどんと試合のリズムに慣れてきているね」

「私は彼がこのクラブで何年もの間プレーしてくれることを望んでいるよ。我々は、彼とともにある構想を持っているんだ。これが彼の(復帰後)初めての先発出場。少しずつ良くなっていき、より重要な存在になってくれるだろう」

「彼は他の選手とは違うんだ。我々はメディカルチームと、彼に1時間のプレー時間を与えることを確認していた。もし私次第だったのなら、彼を交代させはしなかっただろうね」
    ニュース設定