杉野遥亮のスイッチした瞬間 「負けたくない」から「楽しみつくす」へ

0

2021年10月18日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真杉野遥亮(すぎの・ようすけ)/1995年生まれ、俳優。主なドラマ出演作に、「直ちゃんは小学三年生」「東京怪奇酒」「僕の姉ちゃん」など(撮影/蜷川実花、hair & make up/後藤 泰、styling/Lim Lean Lee、costume/DIOR)
杉野遥亮(すぎの・ようすけ)/1995年生まれ、俳優。主なドラマ出演作に、「直ちゃんは小学三年生」「東京怪奇酒」「僕の姉ちゃん」など(撮影/蜷川実花、hair & make up/後藤 泰、styling/Lim Lean Lee、costume/DIOR)
 10月放送開始のドラマ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」で、”ヤンキー君”を演じる、杉野遥亮。映画やドラマ、話題作への出演が続くが、コロナ禍で大きく変わったことがあるという。AERA 2021年10月18日号から。


【写真】蜷川実花が撮った!AERA表紙を美しく飾る杉野遥亮
*  *  *


――「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」は、弱視で盲学校に通う勝ち気なヒロイン赤座ユキコ(杉咲花)と、短気で喧嘩(けんか)っ早いけどピュアな不良少年、黒川森生(杉野遥亮)が、不器用ながら相互理解を深め、惹かれ合うラブコメディーだ。


 原作漫画を読んだら、コメディーでありつつ、人と人がつながるための大切な本質が詰まっている作品でした。恋愛ドラマにはいろいろな「キュンキュン」がありますが、この二人の場合、純粋さや、人としての成長に胸を打たれるような「キュンキュン」。それをドラマでどう伝えていけるかが楽しみです。


 二人は真逆のようで、似ている部分も多いと思う。「普通って何だろう」と模索しながら生きていたり、でも、「自分」という軸はブレずに貫いたり。かっこいいし、すごく強い二人だなと思っています。


■最近軸ができてきた


――森生の顔には喧嘩で作った大きな傷がある。皆に恐れられる一方、ユキコには真っすぐすぎるほど愛情を示す。そのギャップがとてもキュートだ。


 森生のストレートな台詞をどう自分に馴染ませられるか、今は試行錯誤しています。ヤンキー役は初めてですが、「っぽく」演じるのではなくて、ナチュラルにその世界観に「いられる」ことが大切だなと思う。森生がなぜそんな傷を作ることになったのか、背景一つ一つに想像を巡らせて、意味を積み上げていくことで、森生になっていけるんじゃないかな。僕は自分ではピュアだと思うし(笑)、割とストレートな性格なので、似ている部分はあるのかな、あったらいいなと思います。僕自身は流されたり間違ったりもしつつ、良いこと悪いことも紆余曲折ありながら、やっと最近、少し軸ができてきた感じですね。



――2015年「FINEBOYS専属モデルオーディション」でグランプリを獲得、芸能界に入った。翌年、俳優デビューし、順調にキャリアを重ねてきた。今年は「教場II」「直ちゃんは小学三年生」「東京怪奇酒」「僕の姉ちゃん」など話題作に次々に出演した。だが、昨年までは「楽しい、という感覚とは別のところにいた」という。


 人と関わることが大好きだから、最初からこの仕事が楽しくはあったんです。でも、プロの俳優として芝居について考えたり、演じること自体を楽しむ気持ちは、置いてけぼりにしてきたところがあります。それより、他の同世代の俳優にオーディションで負けたくないという気持ちが先行していました。


 それが変わったのは、コロナ禍の自粛期間がきっかけです。最初の緊急事態宣言で、すべての仕事が2カ月ほどストップしたとき、初めて自分がすごく疲れていることに気づいたんです。


 正直に言うと、以前は有名になりたいとか、お金がほしいという思いも原動力になっていた。でも、そもそも物欲がそんなにないんです。「負けたくない」を原動力にして走ってきたけど、それだけだと疲弊しちゃうんですよね。そういうことにも気づく時間を作ってこなかったんだなって。仕事が再開するのも、少し嫌でした。せっかく休んでリセットされて優しい気持ちになったのに、また「負けたくない」に戻るのかと……。この仕事をやりたいのか、いっそほかのアルバイトでもやろうかとも考えました。


 でも、すぐにそれは嫌だと思い直した(笑)。だったら、もっとこの仕事を楽しめるように向き合おう。そのために何をするか考えようと変わったんです。


■取り組み方が変わった


――緊急事態宣言が明けてすぐ、映画「東京リベンジャーズ」の撮影があった。主人公タケミチ(北村匠海)がタイムリープするトリガー、物語のカギとなるナオトを演じたが、以前とは明らかに違う感触があった。


 1年くらいかけて撮影してきたんですが、撮影がストップする前は、大勢いる中でどうやったらナオトの存在感を出せるのかを考えていた。だけど、撮影を再開したら、そんな思いは消えていて、「なんでこの人はこんなに怒ってるんだろう?」とか、台本を読み込んでいろいろな角度から考えていく方に、自然と興味が切り替わっていきました。取り組み方が変わると、見えることも変わる。その感覚が今も続いている感じです。




――自粛期間中、俳優の仕事を楽しむことと同様に大切だと感じたのは、自分の意見をきちんと相手に伝えることだ。


 当たり前ですけど、待っているだけでは何も変わらない。僕、人は好きですが、めっちゃナイーブだし、すぐ傷つくんです。でも、ちゃんと自分の意見を言葉に出して伝えていかないと、自分が死んでいくと思いました。だから、仕事でもプライベートでも、この人とはわかり合いたいと思えば、本音でしゃべるように頑張っているところです。


 嫌なことを嫌だと伝えるのは体力がいります。特に、仕事相手にそれを伝えるのはすごく怖いです。でも、物事をいい方向に動かすには、一度、現状を変化させないとダメだと思うんです。


■時間はなくなった


 相手を信用しないとできないし、難しいですが、ちゃんと自分にも相手にも向き合ってエネルギーを使うように変えたら、一日一日がすごく充実しました。


 でも、時間もなくなった。「趣味は?」とかよく聞かれるんですけど、本当に、そんな時間はないです。でも今はそれでいいのかなとも思っています。


――少し早口で、飾らない等身大の自分を見せてくれる。その姿勢は公式Twitterからも伝わる。昨年、25歳を迎え、周囲の人やファンに向けて感謝を手書きで綴り、アップした。その画像を今もトップに固定している。


 手書きのほうが思いが伝わると思ったのと、感謝と一緒に、アラサーになって掲げた「自分に嘘をつかない」「人やモノの本質を見る」「自分を大切にする」「相手に敬意を払う」というモットーを公言しておこうと。「こういうことって大切ですよね?」とみんなに投げかけたかったのもあります。SNSでの誹謗中傷が問題になっているときで、Twitterが暗く感じたんですね。そこにちょっとでも温かいものを垂らせたらいいな、という思いもありました。


――いま、達成感や幸せを感じる瞬間は?


 作品が終わった時かな。やり残したことがあっても、それが次へのエネルギーになったりもします。あとは人とわかり合えたとき。こうして取材で話しているときも楽しいんです。


 将来は、「ONE PIECE」の“白ひげ”みたいになりたい。どんな状況でも笑っていられる、愛情深い器の大きい男に憧れます。


(ライター・大道絵里子)

※AERA 2021年10月18日号


    ニュース設定