「非実在児童ポルノ」めぐる日本共産党の政策紹介ページが議論呼ぶ 「誤った社会的観念を広める」

212

2021年10月18日 15:42  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「非実在児童ポルノ」に対して、一定の規制に前向きな立場を表明(画像は日本共産党公式サイトより)
「非実在児童ポルノ」に対して、一定の規制に前向きな立場を表明(画像は日本共産党公式サイトより)

 日本共産党が10月6日に公式サイト上で公開した2021年総選挙 政策紹介ページにおいて、漫画、アニメ、ゲームを使ったポルノ表現について、一定の規制に前向きな立場を表明したことが議論を呼んでいます。



【画像】日本共産党の回答全文



 話題となっているのは、「女性とジェンダー」にまつわる政策を扱った項目。漫画、アニメ、ゲームを使ったポルノ表現を「いわゆる『非実在児童ポルノ』」と呼称した上で、「現実・生身の子どもを誰も害していないとしても、子どもを性欲や暴力の対象、はけ口としても良いのだとする誤った社会的観念を広め、子どもの尊厳を傷つける」として、「子どもを性虐待・性的搾取の対象とすることを許さない社会的な合意」を作るため、幅広い関係者と取り組んでいくとしています。



 一方で文化政策のページでは「『児童ポルノ規制』を名目にしたマンガ・アニメなどへの法的規制の動きに反対します」との記述があり、ネット上では「整合性はどうなっているのか」と混乱する声も見られます。



 共産党は伝統的に表現規制には反対の立場。2009年には「児童ポルノ法で単純所持を一律に規制したり、漫画・アニメーションなどの創作物も規制対象に加えたりすることは、児童ポルノ問題の解決に役に立たないだけでなく、逆に、人権の侵害や表現の自由の萎縮につながりかねません」と説明しており、過去に東京都が「非実在青少年」(18歳未満のキャラクター)を性の対象にすることを規制する条例案を提出した際にも、共産党都議団が反対を表明するなど、条例案撤回のため尽力した経緯があります。



 それだけに今回の「非実在児童ポルノ」に対する表明はインパクトが大きく、Twitterではトレンドに「表現規制」「非実在児童ポルノ」などの関連ワードが上昇するなど、注目を集めています。



 ねとらぼ編集部では日本共産党広報部に、規制反対の立場から方針が変わったように見える点について質問中。回答があり次第こちらに追記します。



●追記1(10月18日23時55分)



 日本共産党は、党が運営するサイト「個人の尊厳とジェンダー平等のための JCP With You」上で「共産党は創作物に対する表現規制の容認(賛成)に舵を切ったのですか? 『女性・ジェンダー』と『文化』政策は矛盾していませんか?」の質問に回答しました。



 この中で「『児童ポルノ規制』を名目にしたマンガ・アニメなどへの法的規制の動きには反対」と明言した上で、今回「女性とジェンダー」の項での表明が、一足飛びな表現物・創作物に対する法的規制を提起したものではないと説明。日本の現状への国際的な指摘がある中で、法的規制の動きに抗し表現の自由を守っていくためにも、議論を通じた子どもの性虐待・性的搾取を許さない社会的な合意形成の必要性を強調しました。



 この説明に対しSNS上では法規制に積極的でない点を評価する声がある一方、規制反対派からは「一足飛びではなく一歩一歩表現規制に向かおうとしているように読める」といった批判もあり、さらなる議論を呼んでいます。



●追記2(10月19日12時15分)



 日本共産党広報部より「JCP With You」上と同内容の回答がありました。


このニュースに関するつぶやき

  • 回答では「児童ポルノ規制」を名目にしたマンガ・アニメなどへの法的規制の動きには反対。とはいうものの、この法律の名目そのものを否定しちゃっているので、理屈ぽさしか感じなくなった。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 民主主義国家に暴力革命を否定しない共産主義者の政党があることが誤りなんだよ!!
    • イイネ!115
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(149件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定