初代PSソフト3289本をコンプしたコレクターに祝福の声 バカゲーに魅せられて奔走した10年の苦労を聞いた

122

2021年10月18日 17:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真棚の並びが気持ち良い……! これでもほんの一部でしかないのだからすごい(画像提供:灼栗さん)
棚の並びが気持ち良い……! これでもほんの一部でしかないのだからすごい(画像提供:灼栗さん)

 初代PlayStationソフト3289本(※)をコンプリートしたコレクターに、大勢から祝福の声が寄せられています。ケースがずらっと並ぶ様が壮観で、棚を眺めるだけで楽しめそう。



【全ての写真、ネットの反応を見る】



 念願を果たしたのは、Twitterユーザーの灼栗(しゃっくり/@heat_maroon)さん。バカゲー紹介動画で知った「LSD」(1998年/アスミック・エース エンタテインメント)に衝撃を受け、ほかにどんな珍品があるのだろうかと興味を抱き、10年ほど前から収集を始めたといいます。



 最初は生活圏内にある中古ショップ数軒を巡っていましたが、やがてそれだけでは足りなくなり、隣県にも足を伸ばすように。レアタイトルを探して東京まで遠征したものの、結局目当てのものは見つからず手ぶらで帰るはめになるなど、苦い思い出もあったそうです。



 ネットも駆使して買い集め、コンプまでに使った金額は「ちょっといい新車が買えるほど」。「夕闇通り探険隊」や「ちっぽけラルフの大冒険」など、一部のタイトルは1本だけで4〜5万円かかっているとのことです。



 長年の苦労を経て、灼栗さんは最後の1本「ザ・マスターズファイター」をネットオークションで入手し、Twitterでコンプリートを報告。いろいろと悪名高き作品ゆえ、「よりによって最後それかよ」などと笑いを誘いつつ、多くの祝福に迎えられました。



 これからは集めたゲームでゆっくり遊んでいこうと語る灼栗さん。これを機会にゲーム配信用のYouTubeチャンネルを開設し、ゲームの発売日順に配信する計画も立てています。



協力:灼栗(しゃっくり/@heat_maroon)さん



※Wikipediaに掲載されている国内タイトル。廉価版等のバージョン違いや、非売品は含まれていない


このニュースに関するつぶやき

  • 「愚民政策」と「3S政策」『ウィキペディア(Wikipedia)』より https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1977172504&owner_id=67611045
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 眺めるだけでも満足だよなぁ。
    • イイネ!31
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(72件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定