菅田将暉主演『CUBE 』最重要ワード「素数」「デカルト座標」杉田智和の声で解説

34

2021年10月18日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)杉田智和が重要なキーワード「素数」「デカルト座標」を解説(C)2021「CUBE」製作委員会
映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)杉田智和が重要なキーワード「素数」「デカルト座標」を解説(C)2021「CUBE」製作委員会
 1997年に公開され、密室スリラーの先駆けとして世界中でカルト的人気を得たヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画『CUBE』を、日本のスタッフ・キャストでリメイクした『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)。毎月18日を<「CUBE」=部屋の日>と定め、毎月新情報を解禁してきたが、いよいよ公開直前にお目見えするのは、アニメ『銀魂』などでおなじみの声優・杉田智和が劇中に登場する用語を分かりやすく解説してくれる【”CUBE”特別講座】映像だ。

【動画】「素数」「デカルト座標」がわかる(ナレーション:杉田智和)

 菅田将暉が主演を務め、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎が出演する本作は、謎の立方体=CUBEに閉じ込められた年齢も職業もバラバラの6人の男女が脱出を目指すストーリー。そのためには、仕掛けられた数々の死のトラップから生き延びつつ、「CUBE」の中に隠された謎の暗号を解かなければならない。その暗号を解くための重要なキーワードが「素数」と「デカルト座標」。

 「素数」も「デカルト座標」も共に数学系の用語で、あまりなじみはないかもしれないが、映画の鍵を握る重要な用語だ。解禁となった特別映像では、劇中のキーワードとなる用語を約2分半でわかりやすく解説してくれる。映画上映前の空き時間にチェックするにはもってこい。杉田のナレーションにも注目だ。

 実は、杉田は本作のキャストには浅からぬ縁がある。杉田が主人公を担当する、自身の代表作『銀魂』の実写映画版で、菅田は主人公の仲間である志村新八を演じており、岡田も実写版『銀魂』に出演している。菅田が主人公の吹き替えを担当した映画『シャザム!』では、杉田が主人公に力を与える役の吹き替えを担当している。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • オリジナルのCUBEには続編などなかったのだ。いいな?絶対検索するなよ?絶対だぞ?
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • そすうをかぞえるのだ(◕ฺ ω◕ฺ )゚
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

ニュース設定