40代…高齢の「妊娠中絶」が増えている! 実は10代も40代も大差ない避妊の知識【医師が解説】

15

2021年10月18日 22:11  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真望まない妊娠と聞けば、「若者の性」が問題視されがちですが、40代以上にも人工妊娠中絶が多いという現実があります。40代の人工妊娠中絶の現状と避妊について考えてみます。
望まない妊娠と聞けば、「若者の性」が問題視されがちですが、40代以上にも人工妊娠中絶が多いという現実があります。40代の人工妊娠中絶の現状と避妊について考えてみます。
望まない妊娠と聞けば、「若者の性」が問題視されがちですが、年齢階級別の人口妊娠中絶件数や中絶選択率についての調査によると、40代以上にも人工妊娠中絶が多いという現実があります。

「今は妊娠を希望していない」タイミングで性行為を行うのであれば、自分の手で確実な避妊をすることが「自分の人生を主体的に生きる」ことにつながります。40代の人工妊娠中絶の現状と避妊について考えてみます。

若者の性が問題視されがちだが、40歳以上の中絶例も少なくない

厚生労働省による令和元年度衛生行政報告例の人工妊娠中絶の年齢階級別件数によると、20歳未満については12,678件で、各歳でみると19歳が5,440件と最も多く、次いで18歳が3,285件となっています。

また40〜44歳は13,589件、45〜49歳は1,399件と、40歳以上の中絶例も若者と変わらないのが現状です。

またここ数年、人工妊娠中絶件数の総数が減少傾向の中、45〜49歳については増加傾向であることも見逃せません。
厚生労働省「令和元年度衛生行政報告例」母体保護法関係より


40代後半の「産み終え世代」では、産む人より中絶を選択する人が多い

ここ数年に関する人口動態調査と衛生行政報告例をもとに計算された年齢階級別の中絶選択率は、20歳未満が約6割、40〜44歳が約2〜3割、45〜49歳が約5割というデータが出ています。

全妊娠件数に対して中絶を選択している人の割合は、若者も40代後半もそれほど変わらないことが分かります。

40代で「産むことを選択する人」の割合が数年前より増えている中、40代後半では約半数の人が中絶を選択しています。「予定外」の妊娠に対して、40代後半で「産むことを選択しない」人は少なくないといえるでしょう。

避妊に関して正しい知識がないのは 10代も40代も一緒

40代で「希望していないのに妊娠してしまう」理由の多くは、「まさか妊娠するとは」という油断からくるものと推察されます。以前クリニックにいらした40代半ばの患者様も、月経が来ないことを「更年期のせい」だと信じ込んでいらっしゃいました。

超音波検査で妊娠の事実を告げると、

「え!? なんで!? たまにしかしていないのに」
→1回の性行為でも妊娠はします。

「ちゃんと外で出したのに!?」
→膣外射精は全く避妊にはなりません。

というつっこみどころ満載の反応でしたが、実は、避妊に関して正しい知識を持っていないのは、10代も40代も変わらないのです。

妊娠を希望していない40代は、本来閉経するまで避妊が必要

もちろん、妊娠の継続をしないという理由は、10代と40代では異なります。40代の方の場合、多くは、体力がない・経済的に無理・すでに複数の子どもがいる・高齢出産に対する不安が大きい、などがその理由となることが多いと考えらえます。

予定外の妊娠の場合、その女性の心身の健康を保つための選択肢の一つとして人工妊娠中絶がありますから、中絶という選択をすることはやむを得ない場合もあるでしょう。

でも、本来であれば、「妊娠を希望していないのであれば、閉経するまでは避妊する」ことが必要なのです。

確実な避妊をしたければ、避妊効果が高い方法を

前述の膣外射精のように間違った避妊方法を選択して「ちゃんと避妊しています!」という方も少なくありません。日本人の7〜8割が、いまだにコンドームという不確実な方法で避妊しているというデータもあります。

避妊効果の目安となる「パール指数」で比較してみると、いかに「危ない橋を渡っている」のかが分かると思います。パール指数とは「各種避妊法使用開始1年間の失敗率(100人の女性が1年間に妊娠する率)」のことです。

各避妊方法のパール指数は、

・低用量ピル……0.27人
・子宮内避妊具IUD……0.6〜2人
・子宮内避妊システムIUS……0.1〜0.2人
・不妊手術(男性)……0.1人
・不妊手術(女性)……0.5人
・コンドーム……2〜15人
・リズム法……1〜25人
・殺精子剤……6〜26人

また避妊しなければ85人です。

(ただし、例えばピルであれば、正しく服用法を守って一度も飲み遅れや飲み忘れがない場合と、飲み忘れが何度かあったり飲み方を間違えたりすることで避妊の効果は違ってきます。

コンドームも同様で、最初から最後まで絶対にずれたり漏れたりせずに使用されるのが理想的ですが、途中から使ったり外れたり破れたりするケースも起きています)

確実な避妊をしたければ、ピルを飲むか子宮内避妊具を入れるかです。海外にはそのほかの選択肢もありますが、日本で使用できる確実な避妊はこの2種類です。

たとえ結婚していても、40代でも、「今は妊娠を希望していない」タイミングで性行為を行うのであれば、自分の手で確実な避妊をすることが「自分の人生を主体的に生きる」ことにつながります。

【参考情報】
・5歳階級別 出産数、中絶数と中絶選択率(日本産婦人科医会)
・妊娠100件に対する人工妊娠中絶の割合(日本家族計画協会)
・望まない妊娠を繰り返さないために

清水 なほみプロフィール

女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。女性医療の先駆者の下、最先端の性差医療を学び、「全ての女性に美と健康を!」をコンセプトに現場診療にあたる。ネット・雑誌・書籍等の媒体を通し幅広く健康啓発を行っている。
(文:清水 なほみ(産婦人科医))

このニュースに関するつぶやき

  • 成る程。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 産み終えたのに妊娠は驚くね。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定