Apple、新MacBook Proに搭載する新チップ「M1 Pro」「M1 Max」について発表

1

2021年10月19日 04:21  マイナビニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
米Appleは10月18日(現地時間)、製品発表会「Unleashed.」を実施し、その中で次期MacBook Proに搭載する新チップ「M1 Pro」と「M1 Max」について概要を明らかにした。14インチモデルと16インチの両方に、それぞれ「M1 Pro」と「M1 Max」搭載モデルがラインナップされる。


○Apple M1 Pro



Apple M1 Proは、CPUに2つの高効率コアと8つの高性能コアを搭載し、GPUには2,048EUの16コアを組み合わせる同社独自SoC「M1」シリーズの新チップ。M1同様にメモリをチップ上に統合している点が特徴で、帯域幅を拡張してM1チップの約3倍となる200GB/sを達成。LPDDR5を採用しており、メモリインタフェースは256bit。最大32GBまで搭載できるという。

○Apple M1 Max



Apple M1 Maxは、CPUに2つの高効率コアと8つの高性能コアを搭載し、4,096CUの32コアGPUを組み合わせて、グラフィックス性能をさらに強化した「M1」シリーズ最上位チップ。チップ上にメモリを統合する「ユニファイドメモリ」は4チップ構成になり、メモリインタフェースは512bitへとさらに拡張。LPDDR5を採用し、最大64GBの搭載に対応する。メモリ全域をGPUメモリとしても利用できるため、大半のハイエンドグラフィックス製品よりも大きなGPUメモリを利用できる点が特徴。GPUパフォーマンスはM1比で最大4倍まで高まるという。(原修一郎)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定