16インチと14インチのMacBook Proが10月26日に発売 革新と復活を両立

69

2021年10月19日 06:42  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真新たに登場した16インチと14インチのMacBook Pro。新型のApple M1 ProおよびM1 Maxを搭載している。ボディーカラーはスペースグレイとシルバーの2色展開だ
新たに登場した16インチと14インチのMacBook Pro。新型のApple M1 ProおよびM1 Maxを搭載している。ボディーカラーはスペースグレイとシルバーの2色展開だ

 Appleが10月18日(米国太平洋夏時間)、プロユースの「MacBook Pro」シリーズを発表した。発売は10月26日からで、既に日本でも受注を開始している。従来の13インチ/16インチを置き換えるモデルにあたり、新たに14インチ(14.2型)と16インチ(16.2型)の2モデルが用意される。OSはmacOS Montereyだ。



【その他の画像】



・Appleが新型チップ「M1 Pro」「M1 Max」を発表 新型「MacBook Pro」に搭載



●16.2型と14型の2モデルを用意 カスタマイズの幅も豊富



 新型16インチMacBook Proは3つのベースモデルがあり、最上位モデルはM1 Max(高性能8コア/高効率10コア/32コアGPU/毎秒400GBのメモリ帯域幅)と32GBのユニファイドメモリ(最大64GB選択可)、1TB SSD(8TB/4TB/2TB選択可)を備え、価格は41万9800円からとなる(税込み、以下同様)。



 ミドルレンジモデルはM1 Pro(高性能8コア/高効率10コア/16コアGPU/毎秒200GBのメモリ帯域幅)と16GBのユニファイドメモリ(最大32GB、M1 Max選択時は最大64GB)、1TB SSD(8TB/4TB/2TB選択可)を採用し、価格は32万1800円からとなる。



 エントリーモデルはM1 Pro(高性能8コア/高効率10コア/16コアGPU/毎秒200GBのメモリ帯域幅)と16GBのユニファイドメモリ(最大32GB、M1 Max選択時は64GB)、512GB SSD(8TB/4TB/2TB/1TB選択可)を採用し、価格は29万9800円からで、ミドルレンジと共にプロセッサを24コアGPUのM1 Maxか32コアGPUのM1 Maxに変更可能だ。



 100%再生アルミニウムを採用したボディーのサイズは、約357.7(幅)×248.1(奥行き)×16.8(高さ)mmと従来モデルとほぼ同等で、重量はM1 Proで約2.1kg、M1 Max選択時は約2.2kgとなる。



 ミニLEDバックライトを備えたディスプレイは16.2型のLiquid Retina XDRで、画面解像度は3456×2234ピクセル(254ppi)だ。輝度は最大1000ニト(ピーク時は1600ニト)、コントラスト比は100万:1で、P3対応の広色域とTrue Toneテクノロジーをサポートする。また、最大120Hzの可変リフレッシュレートのProMotionテクノロジーに対応し、画面のなめらかさとバッテリー駆動時間の延長を両立させているという。



 続いて、インタフェース回りの変更点を見ていく。



●MagSafe 3端子やHDMI端子を装備



 インタフェースは、前モデルのThunderbolt 3×4+ヘッドフォン端子から改められ、3基のThunderbolt 4/USB4端子とHDMI出力端子、ヘッドフォン端子(ハイインピーダンス対応)、SDXC対応のSDメモリカードスロット、そしてMagSafe 3端子を装備する。



 それに伴い、外部ディスプレイはM1 Pro選択時で最大2台(最大6K、60Hz、10億色以上対応)、M1 Maxだと最大4台の外部ディスプレイ(うち1台は最大4K、60Hz、10億色以上)に対応した。



 また、無線LANはWi-Fi 6対応となったが、Bluetoothは5.0のままだ。



●ファンクションキーも新たに搭載したバックライトMagic Keyboard



 バックライトMagic Keyboardは従来のTouch Barを廃止し、12個のファンクションキーが復活した。同社によると、外付けタイプのMagic Keyboardのファンクションキーをユーザーが評価していることでMacBook Proにも使えるようにしたという。



 内蔵カメラは720pから1080p対応となり、より明るいレンズの採用とコンピュテーショナルビデオを活用した先進的な画像信号プロセッサの組み合わせで、ビデオ会議も鮮明な画像で行えるという。



 2基のツイーターと4基のフォースキャンセリグウーファーを備えた内蔵スピーカーでのDolby Atmosの音楽再生、ビデオ再生時は空間オーディオに対応した。



 ツイーターのサイズは約2倍大きくなり、ウーファーの振動板もサイズアップと可動域を広めることで、これまで聞こえてこなかった音域の再生を実現している。



●従来モデルから大幅なバッテリー駆動時間の延長を実現



 バッテリーは100Whのリチウムポリマーで、駆動時間は最長21時間のムービー再生(Apple TVアプリでの再生)と14時間の無線インターネット接続を実現する。



 ACアダプターは従来の96Wから140Wになり、USB Type-Cの他にMagSafe 3端子での充電と、30分で50%までの急速充電が可能になった。



 最後に、14インチモデルをチェックしよう。



●より高速になった14インチMacBook Pro



 新型14インチMacBook Proは2つのベースモデルがあり、上位モデルはM1 Pro(高性能8コア/高効率10コア/16コアGPU/毎秒200GBのメモリ帯域幅)と16GBのユニファイドメモリ(最大32GB、M1 Max選択時は最大64GB)、1TB SSD(8TB/4TB/2TB選択可)を備え、価格は29万9800円からとなる。



 下位モデルはM1 Pro(高性能8コア/高効率8コア/14コアGPU/毎秒200GBのメモリ帯域幅)と16GBのユニファイドメモリ(最大32GB、M1 Max選択時は64GB)、512GB SSD(8TB/4TB/2TB/1TB選択可)を採用し、価格は23万9800円からだ。プロセッサは、24コアGPUのM1 Maxか32コアGPUのM1 Maxに変更可能だ。



 100%再生アルミニウムを採用したボディーのサイズは、約312.6(幅)×221.2(奥行き)×15.5(高さ)mmと従来のM1モデルから幅が約8.5mm、奥行きは約8.8mm、高さは約0.01mm大きくなり、重量はM1 Proで約1.6kgと200gほど増加した。



 ミニLEDバックライトを備えたディスプレイは14.2型のLiquid Retina XDRは、画面解像度が3024×1964ピクセル(254ppi)だ。輝度は最大1000ニト(ピーク時は1600ニト)、コントラスト比は100万:1で、P3対応の広色域とTrue Toneテクノロジー、最大120Hzの可変リフレッシュレートのProMotionテクノロジーなど、16インチMacBook Proを継承する。



 キーボードやインタフェース回り、Wi-Fi 6のサポートや外部ディスプレイ出力などの仕様は16インチMacBook Proと変わらないが、バッテリー容量は70Whとなり、駆動時間は最長17時間のムービー再生(Apple TVアプリでの再生)と11時間の無線インターネット接続と、従来のIntelモデルは上回るものの、M1モデル(それぞれ20時間/17時間)に比べると短くなった。



 ACアダプターは上位モデルが96W、下位モデルが67Wになり、USB Type-Cの他にMagSafe 3端子での充電と、30分で50%までの急速充電が可能になった。


このニュースに関するつぶやき

  • ■デジタル改革という名の「売国ビジネス」『デジタル・ファシズム 日本の資産と主権が消える』(著者・堤未果) https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1980633785&owner_id=67611045
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 買える人が羨ましいですねぇ。MacBookAirで精一杯ですよ。
    • イイネ!18
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(42件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定