【コンビニ比較】人気の『カレーパン』を実食レビュー!“味&コスパ”を徹底比較【セブン・ファミマ・ローソン】

0

2021年10月19日 12:51  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真コンビニのカレーパンを比較!あなたのお気に入りはどれ?
コンビニのカレーパンを比較!あなたのお気に入りはどれ?
コンビニで手軽にカレーパンを楽しみたいと思ったとき、どこで購入するか悩んだ経験はありませんか?

【画像をみる】コンビニのおいしい「カレーパン」♪大手3社を徹底比較(断面画像も)

今回は、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンのカレーパンを徹底比較します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

■ローソン スパイス香るビーフカレーパン 税込130円

まず、最初にご紹介するのはローソンのカレーパンです。

ローソンは、オリジナル商品に注目が集まることが多くありますよね。その中でも、カレーパンは美味しい!と定評のある商品のひとつです。

ローソンの「スパイス香るビーフカレーパン」は130円(税込)で、1個当りのカロリーは391kcalです。

名前の通り、ビーフカレーがパンに包まれており、ビーフと玉ねぎの甘味を楽しむことのできる商品です。

断面を見てみると、カレーよりもパンの割合が多いと感じました。

パン自体は甘めで、カレーはほどよい辛さがあります。

■ファミリーマート ファミマ・ザ・カレーパン 税込130円

次にファミリーマート(以下、ファミマ)のカレーパンを紹介していきます。

ファミマは全国に16,642店あり、2021年9月に創立40周年を迎えます。長く愛されているファミマには、どんなカレーパンがあるのでしょうか。

ファミマの「ファミマ・ザ・カレーパン」の価格は130円(税込)で、1個当り388kcalです。

こちらのカレーパンは、今年ファミマが創立40周年を記念して実施した、「40のいいこと!?」チャレンジにてリニューアルした商品です。

その他にも人気商品である「メロンパン」もリニューアルされました。

構想から販売まで試作を繰り返し、約半年という時間をかけて作り上げられた、ファミマこだわりの商品です。

生地がもちっとしていて、弾力があるため、食べ応え抜群。

ビーフカレー自体は甘めで、果実ペーストが入っているとのこと。

果物の自然な甘味があるので、辛い食べ物が苦手な人でも楽しむことができます。

■セブン-イレブン お店で揚げたカレーパン 税込149円

最後にセブン-イレブン(以下、セブン)のカレーパンをご紹介していきます。

セブンは、日本のコンビニの中では最も多い店舗数を誇ります。誰もが親しみを感じるお店ですよね。

セブンの「お店で揚げたカレーパン」は、価格149円(税込)で、1個当りのカロリーは345kcalです。

名前の通りお店で揚げて販売しているため、出来立てのカリッとした食感を楽しむことができます。

公式HPには、販売地域は、東京都、神奈川県、東海と記載されていたため、店舗によっては販売がない場合もありますので、ご注意ください。

仔牛のスジや骨からダシをとったフォンドボーが作る深い味わいに、野菜の旨みが詰まっています。

スパイスが効いているので、カレーのみでも十分に満足できます。

断面を見てみると、パンに対してカレーの量がちょうど良く、パンとカレー両方を最初から最後まで楽しむことができます。

最後の方に、パンだけになっちゃった!なんてことはありません。

■コンビニ別で比較してみました

ローソン、ファミマ、セブンのカレーパンを比較しました。

コスパの面を考えると、ローソンとファミマが良いですが、セブンでは、お店で揚げたカレーパンを味わうことができます。

やはり、お店で揚げているものは生地のカリッとした食感がたまりません。美味しさが格段と上がります。

ローソン、ファミマのカレーパンも、お家のオーブンやフライパンで温めるとカリッとなるのでぜひ試してみてください!



カレーパンはカレーパンでも様々な種類があるので、食べ比べてみると、お好みの1つが見つかるはずです。

コンビニのカレーパンは、手軽に購入できるので、普段カレーパンを食べないという人もこの機会にぜひ試してみてくださいね。
    ニュース設定