小松みゆき、“49歳の高齢出産”から17時間後の親子ショットを初公開 「麻酔の影響もあって顔がパンパン」

10

2021年10月19日 17:47  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真小松さんの近影。ワクチン接種時の1枚(画像は小松みゆきInstagramから)
小松さんの近影。ワクチン接種時の1枚(画像は小松みゆきInstagramから)

 49歳で第1子女児を出産した俳優の小松みゆきさんが10月19日にInstagramを更新。“妊娠前にやっておいてよかったこと”を紹介しつつ、帝王切開での出産から17時間後の親子ショットを初公開しています。



【画像】妊娠中〜現在までの小松さん



 2013年から体外受精や胚移植などの不妊治療に励み、念願かなって2021年2月に第1子女児を出産した小松さん。長年の不妊治療に加え、49歳の高齢出産やコロナ禍など多くの壁を乗り越えた小松さんの姿は、「夢もらえる」「まだ諦めなくてもいいのかな」など不妊治療中の人々に大きな勇気を与えました。



 産後8カ月を迎えたこの日の投稿では、「妊娠中、出産入院中、育児中の今までやっておいて良かったと毎日のように思っていることがあります。それは…眉毛のアートメイクです」と意外なライフハックを紹介した小松さん。2年前の海外旅行をきっかけに眉毛のアートメイクをしたそうで、「ツワリのときもお腹が大きくなってきたころももちろん入院中もメイクなんてしたくない! という状況でしたから本当に楽ちんでした」などメイクに気を遣う余裕がない出産前後に大活躍してくれたといいます。



 同投稿には、「帝王切開出産から17時間後です 感染症に罹っていたこともあり、まだ熱にうなされていたときですが、お願いして看護師さんか助産師さんに撮っていただきました」と出産から1日もたっていない状態での親子ショットを添えた小松さん。出産直後とは思えない美しい写りをしており、小松さんは「麻酔の影響もあって顔がパンパンでお恥ずかしいですが アプリのメイク加工を使っていないありのままの写真です」「本当は自眉毛は細いのですが…眉毛、良い仕事してました」とアートメイクの効果を強く実感したようでした。


このニュースに関するつぶやき

  • 何歳の時の卵なのか、自己卵なのか気になる..
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定