「どうだ明るくなったろう」の成金が照明器具に 玄関をムーディーに照らす100円札

33

2021年10月19日 20:22  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真スイッチオンで百円札が光り、どうだ明るくなったろう?
スイッチオンで百円札が光り、どうだ明るくなったろう?

 歴史教科書でよく見る“成金の風刺画”を、百円札が光るライトとして再現したユーモラスな工作が人気です。あの「暗くてお靴が分らないわ」「どうだ明くなったろう」(原文ママ)のやりとりがよみがえる。



【画像】「どうだ明るくなったろう」の照明器具



 モチーフの風刺画は「成金栄華時代」(和田邦坊)。第一次世界大戦時の「大戦景気」で成功した成金が、暗闇の中で靴を探す女性に対し、わざわざ百円札を燃やして灯りをとる、そのおごった振る舞いを描いたものです。



 作者のosakaさんは、この成金の人形を製作。百円札付近にライトを仕込み、スイッチオンで燃えるかのように見える照明に仕上げました。製作期間は1週間ほど。



 元ネタそっくりの秀逸な作品は、「すごい、暗くてお靴が分からなくならない!」「玄関に置きたい」と好評。教科書で印象に残った人も多く、「懐かしい」「ちょうど授業で習った」「なぜかみんな覚えてる人」といった声もみられます。



 osakaさんは以前にも、3Dモデルをもとに作ったロゼッタ・ストーンの実物大ぬいぐるみで話題に。ほかにも「強欲な壷」(遊戯王)風ハンドバッグなど、ユニークな作品を手がけています。



画像提供:osakaさん


このニュースに関するつぶやき

  • これ、遥か昔に、芸者さんの声含めて声真似をして(あく迄もイメージで声色を変えて)、他のSNSに投稿した覚えが有るので、何故かニヤニヤが止まらない(汗)。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この絵と、三国干渉の漫画(ポンチ絵)は覚えている�Ԥ��Ԥ��ʿ�������( ・ω・)�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!12
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(20件)

ランキングIT・インターネット

ニュース設定