ヤクルト、初回の好機をいかせず…山武司氏「厳しいボールではなかったんですけど…」

3

2021年10月19日 22:00  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト・サンタナ (C) Kyodo News
ヤクルト・サンタナ (C) Kyodo News
○ 阪神 11 − 0 ヤクルト ●
<24回戦・甲子園>

 首位・ヤクルトは初回、一死満塁のチャンスを作るもモノにすることができなかった。

 ヤクルトは0−0の初回、阪神の先発・青柳晃洋に対し一死走者なしから青木宣親が四球、宮本丈の右安、村上宗隆の四球で満塁のチャンスを作るも、サンタナが遊併に倒れ無得点。

 19日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 阪神−ヤクルト戦』で解説を務めた山武司氏は「サンタナにしてみれば、厳しいシュートではなかったんですけど、苦手なシュートを打って詰まらせてしまったというところですよね」と振り返った。

 その裏、ヤクルトの先発・奥川恭伸が近本光司に3ランを浴びると、奥川は4回途中5失点で降板。リリーフ陣もピリッとせず大敗を喫した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 何点とられようと1敗は1敗。切り替えて明日頑張ろう(^^)/
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定