「インフルエンザ予防接種、受けたほうがいい?」女医の回答とコロナのピークとの関係性

2

2021年10月20日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師
山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師
 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「今年のインフルエンザ流行予測とコロナの関係」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。


【インフルエンザとコロナの特徴的な症状の違いはこちら】
*  *  *


 つい先日、今年度のインフルエンザワクチンを接種しました。10月より多くの医療機関でインフルエンザのワクチン接種が始まっており、勤務先のクリニックでも連日老若男女問わず、多くの方がワクチン接種のため受診してくださっています。


 一方で、「インフルエンザワクチンは接種したほうがいいですか?」と聞かれることも増えてきました。


 新型コロナウイルスが全世界にパンデミックをもたらしてからは、全く見かけなくなってしまったインフルエンザ。今年の冬にインフルエンザが流行するかどうかは、正直なところわかりません。


 これまで北半球の冬季のインフルエンザの流行を予測するうえで、南半球のインフルエンザの流行状況が参考にされてきました。今年の南半球の流行シーズンで、インフルエンザの流行はどうだったかというと、インフルエンザの患者数はきわめて少数であっことが報告されています。そのため、これからインフルエンザシーズンがやってくる北半球でも、去年に引き続いて今年もインフルエンザは流行しないかもしれません。


 しかしながら、万一この冬にインフルエンザが流行した場合、例年以上に感染拡大を引き起こしてしまう可能性が指摘されています。昨年流行しなかったことが影響し、私たちのインフルエンザに対する免疫が落ちている可能性があるからです。


 こうしたことを考慮すると、新型コロナウイルスのワクチン接種に加えて、インフルエンザの予防接種により免疫を高めておくことが、新型コロナウイルスの第6波、そしてインフルエンザの冬の流行に備える上で効果的でしょう。


  現在、感染者数が激減している新型コロナウイルス感染症。外来診療では、発熱や風邪症状を主訴に受診された患者さんに対してPCR検査を継続して実施しています。けれども陽性を見かけることはほとんどなく、8月の感染をピークに収束していることを実感しています。



  5月から全国で開始された新型コロナウイルスワクチン接種の効果も、激減した要因の一つでしょう。米国疾病予防管理センター(CDC)が発表した最新のデータによると、米国における8月中の新型コロナウイルス感染症による死亡リスクは、2回のワクチン接種を終えた成人よりもワクチン接種を受けていない成人の方が11倍高かったことがわかりました。また8月において、ワクチン未接種の成人は新型コロナウイルス検査で陽性となるリスクが6倍高く、8月の最終週のワクチン未接種の成人の入院リスクは、2回のワクチン接種を終えていた成人の19倍近く高かったことも報告されています。


 Our World in Dataによると、10月14日時点で日本の人口の75.0%が少なくとも1回のワクチン接種を終え、人口の66.4%が2回接種を終えています。接種開始時期が大幅に遅れた日本でしたが、今やアメリカやイギリスの接種率を超えるまでに追いついています。今後検証は必要ですが、ワクチン接種が進んだことも、収束に繋がった要因の一つと言えると思います。


 しかしながら、若年者の接種率は十分とは言えません。東京都が公表している都民年代別ワクチン接種状況によると、65歳以上の90.1%が1回目の接種を終え、88.7%が2回目の接種を終えている一方で、20代の都民で1回目の接種を終えたのは65.3%、2回目の接種を終えたのは53.6%であり、12歳から19歳の都民で1回目の接種を終えたのは65.7%、2回目の接種を終えたのは47.1%です。若い人ほど接種率は低いのが、日本の現状なのです。


 私も微力ながら、5月中旬から立川市や新宿区の集団接種のお手伝いをさせていただいていますが、気になっているのはワクチン接種の予約数の減少の伴い、接種会場が縮小傾向にあることです。「やっと予約が取れたのに、集団接種が終わっていて接種できなかった」ということがないように、早めの周知と接種の呼びかけを行う必要があると感じます。



 新型コロナウイルスの流行に、季節性の変化があるのかもしれません。去年の日本の感染者数の推移を見ると、8月に小さな山があり、11月から3月にかけて(1月初旬のピークの)山があるのがわかります。今年の第5波の感染者数は、8月末がピークの大きな山を描いています。昨年同様の感染者数の推移をたどるとなれば、また11月ごろから感染者数がじわじわ増え出すかもしれません。


 2回目の接種から半年も経過すると感染の予防効果が落ちてきてしてしまうことは、イスラエルをはじめとする多くの国で報告されており、ワクチン効果を持続させるための3回目の接種を実施する国が増えています。日本は、3回目の接種がいつから始まるのか、まだ正確なことは決まっていません。


 もたもたしていると、感染者数が再度増加し、夏のような大流行を引き起こす可能性が十分考えられます。今、感染が落ち着いているときだからこそ、2回接種への呼びかけの強化と、接種の早かった医療従事者への3回目の接種の開始、そして高齢者など早期に2回の接種を終えた人から3回目の接種ができるような体制づくりをする必要があると思います。


山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員


このニュースに関するつぶやき

  • タイトルの【女医】って差別用語じゃないの?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いや、すでに品不足の傾向がありますのでご高齢の方や小さなお子さんのいる家庭以外は、呼吸器系の基礎疾患や既往症をお持ちの方で、健康な状態の方に優先的に摂取を…略
    • イイネ!4
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定