北日本と北陸 台風並みの暴風に警戒 予想最大瞬間風速35メートル

0

2021年10月20日 10:31  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真北日本と北陸 台風並みの暴風に警戒 予想最大瞬間風速35メートル
北日本と北陸 台風並みの暴風に警戒 予想最大瞬間風速35メートル

きょう20日(水)は、発達する低気圧の影響で、一時的に冬型の気圧配置が強まります。北日本や北陸では台風並みの非常に強い風が吹き、暴風に警戒が必要です。



●暴風警報発表 台風並みの暴風に警戒


20日(水)は、低気圧が発達しながら北日本を通過し、一時的に冬型の気圧配置が強まります。北日本の日本海側や北陸では、沿岸部を中心に風が強まっていて、けさは新潟県佐渡市両津湊で最大瞬間風速29.1メートルを観測。山形県や宮城県でも、所々で最大瞬間風速25メートル以上と、風に向かって歩けないくらいの強い風が吹いています。20日午前10時現在、北海道檜山地方や秋田県、山形県、新潟県に暴風警報が発表されています。
このあと低気圧は秋田沖から、夜には北海道の南に進む見込みです。北陸では昼過ぎにかけて、北日本では夜にかけて、台風並みの暴風に警戒が必要です。
【予想される最大風速(最大瞬間風速)】
・東北地方、北陸地方 25メートル(35メートル)
・北海道地方     23メートル(35メートル)


    ニュース設定