2071年の仮面ライダー登場!? 映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」12月17日公開

0

2021年10月20日 13:02  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』ティザービジュアル(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』ティザービジュアル(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』が、2021年12月17日に公開されることが決定した。あわせて、2071年の仮面ライダーも写る?ティザービジュアルと、仮面ライダーバイスがまさかのネタバレを口にする超特報映像も公開された。

このたび公開されたティザービジュアルは、「時代を超えた、100年に一度の<変身>」という“これまでにないスペクタクル感”を感じさせるキャッチコピーのもの。各時代を背負い戦ってきた仮面ライダーたちの勇ましい姿、そして1971、2021、2071の3つの数字が特徴的な、躍動感と疾走感のある仕上がりだ。

1971、2021、2071の数字は西暦を表しており、「2021」には2021年現在放送中の『仮面ライダーリバイス』の仮面ライダーリバイと、8月まで放送されていた仮面ライダーセイバーの2体が並びます。また「1971」には、1971年4月3日よりTV放送が開始された、誰もが知る当時の仮面ライダーの姿が見られる。

その一方、「2071」には怪しげな光を放ち、シルエットで浮かび上がる謎の仮面ライダーを確認できる。3世代対決なのか、はたまた時代を超えての共闘なのか。1971年、2021年、そして2071年と、100年間にわたる壮大なストーリーの予感に期待が高まる。

そして超特報は、「2021年冬――壮大なスケールで描かれる超大作、誕生。」と、まるでハリウッド超大作かのような、センセーショナルなテロップ&音楽で始まる。

仮面ライダーたちのアクションシーンや壮大な爆発シーンが続くのかと思いきや、光が飛び交う近未来的な空間に転換すると、いつもと変わらない様子の仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスが現れる。

お調子者のバイスは、早くも映画化に浮かれながら「マジかよ! 俺っちが主役だってー!」とはしゃいでおり、一方のリバイ「おい! ちゃんと宣伝するって約束しただろ!」と呆れながら冷静に突っ込む。

懲りないバイスは、しまいにはネタバレを始めようとするものの、「バイス! それはネタバレっていうんだよ」とリバイが止めに入り、なんとか阻止に成功。その後も、「もっとネタバレした〜い!」と駄々をこねるバイスに、リバイが「すんなっ!!!」とツッコむなど、息ぴったりでコミカルな掛け合いが堪能できる約30秒の映像となった。

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』は、2021年12月17日より全国公開。

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』
「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

    オススメゲーム

    ニュース設定