「こんな可愛い倒れ方ある?」背中からパタリと倒れる子猫に悶絶 「何回も見ちゃった…」「どんくさカワイイ」

1

2021年10月20日 16:00  まいどなニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真倒れる瞬間(「落ち猫あめちゃん」さん提供、Twitterよりキャプチャ撮影)
倒れる瞬間(「落ち猫あめちゃん」さん提供、Twitterよりキャプチャ撮影)

「こんな可愛い倒れ方ある?」と、子猫の動画をツイッターに投稿した元保護主の「落ち猫あめちゃん」(@ochinekoame)さん。そこに映っていたのは、バランスを崩して背中から倒れる子猫! 元保護主さんが「ハッ」ともらす驚きの声も聞こえてきます。

【動画】背中からパッタリ倒れる子猫さん。あ、ああ〜

動画には「どんくさカワイイ」「何回も見ちゃった…」「かわいいけどびっくりしますよねwww」などと、子猫の倒れ方が可愛すぎるとたくさんのコメントが寄せられました。このほか、「ゴンという音が、、、頭大丈夫!?」と、倒れる際に頭をぶつけたような音がしたと子猫を心配する声も上がっています。

ぱったりと倒れて驚かせた子猫は、あめちゃんといいます。8月中旬、大雨が降りしきる大阪府八尾市内の住宅街で鳴いていたところを保護された子猫。やんちゃな女の子に成長しているようです。動画は、生後2カ月くらいのときに撮影したものとか。あめちゃんは、どうして倒れちゃったのでしょう? 当時のことを元保護主さんに伺ってみました。

倒れた子猫、猫じゃらしやワンちゃんと遊んでいて興奮していた?

――あめちゃん、とっても元気に成長していますね。今は?

元保護主さん「生後3カ月くらいになりました」

――動画を撮影したのは、2カ月くらいのときとのこと。何をしていたのでしょう?

元保護主さん「猫じゃらしを使ったり、犬のもこちゃん(トイプードル、15歳)と交流させたりして遊んでいました」

――なるほど。あめちゃんは遊んでいて、少し興奮気味だったんですね。そこで、壁にもたれかかったかと思ったらバランスを崩して背中からバタリと…。

元保護主さん「まさかあんな倒れ方をするなんて予想もしていなくて…痛そうな音がしたのでとても焦りました(苦笑)」

――ゴンと頭をぶつけたような音が聞こえましたね。飼い主さんも「ハッ」と声をもらされて、驚いたことでしょう。あめちゃん、大丈夫でしたか?

元保護主さん「あめちゃんは全く気にしていない様子でした。何事もなかったようにまた走り回ったりジャンプしたりして遊んでいました。とにかく安心しましたね。あのときは焦りましたが、今はかわいい思い出動画となっています」

――2カ月のころは動画のようにバランスを崩したりすることは多かったのでしょうか?

元保護主さん「そんなに多くなかったのですが、たまにケージの中にいるときに足元をよく見ず上のステップから落ちかけていました。ですが落ちかけても踏ん張って耐えたり、落ちても受け身を取っていたりして猫の身体能力に感動しました」

――あめちゃんの最近の様子は?

元保護主さん「今もですが、テンションが上がっているようなときはすごい速さで暴れ回るので勢い余ってバランスを崩しジャンプに失敗することや転ぶことは時々あります。ただ動画のように後ろ向きにバタンと倒れる姿はこの動画以来見ていませんし、足場を確認したり計算してから動くような素振りを見せるようになりました! とにかく元気で走るスピードや日々進化するジャンプ力に驚かされる毎日ですね」

背中からパタリと倒れて多くの人を驚かせたあめちゃん。最近は、足場を確認するなど気を付けるようになったとのことで、良かったですね。

元保護主さん、譲渡先探しを止めて飼い主に 子猫と「離れられない」

実は、あめちゃんの譲渡先を探していた元保護主さん。それを止めて正式におうちに迎えることになり、あめちゃんの飼い主さんとなりました。その理由を元保護主さんはこう説明します。

「家族内で里親さんを決める話し合いをしている中で、みんなのあめちゃんへの思いが日に日に募り離れがたくなっていることに気が付きました。もともとはがんなどを患っている先住犬のもこちゃんが一番の懸念だったのですが、実際に交流をさせてみると2匹の相性がとても良さそうで。特にもこちゃんは以前よりも食欲や元気を取り戻してきたんです。

またTwitterを通じて大変多くの方から里親詐欺などへの注意喚起のコメントもいただき、里子へ出す恐怖心も膨れ上がりました。それに加えて、かかりつけの獣医さんからもこのまま飼い続けてもいいのではと勧められて。こちらから募集し、せっかく里親希望のご連絡をいただいている方々にはとても申し訳ないと思う一方で、何よりもあめちゃんのいなくなった生活を考えると涙が出るほどつらいと思うようになったことが一番の理由です」

あめちゃんとの今後の生活については「とにかくたくさん遊んで、病気にならないよう体調管理に十分気をつけてあげたいです。自分たちでこたつやキャットハウス、おもちゃなどを手作りしているのでそういったいろいろなもので楽しませてあげられたらいいなと思います。我が家に拾われて飼われることになって良かったと思ってくれるように愛情をたっぷり注いで幸せにします!」と話してくれました。

(まいどなニュース特約・渡辺 晴子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングIT・インターネット

    ニュース設定