木村拓哉、豪快ビジュアルのマック新商品を命名「『わんぱくバーガー』でいいよ」

0

2021年10月21日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真マクドナルド新TVCM「ブッチぎりで、ダブチ!」に出演する木村拓哉
マクドナルド新TVCM「ブッチぎりで、ダブチ!」に出演する木村拓哉
 歌手で俳優の木村拓哉が、26日から放送開始されるマクドナルド『ダブルチーズバーガー』の期間限定メニューの新テレビCM『ブッチぎりで、ダブチ!』辛ダブチ篇/濃厚白ダブチ篇/はみトリチ篇、3商品篇に出演。期間限定メニュー3種を色で表現した壁をバックにチェアをひとつだけ置いたシンプルなセットで、木村がそれぞれのバーガーを食べ、その瞬間に思い浮かんだ感想をアドリブで語る。ビジュアル、手にした時のボリューム感、そして口に入れた瞬間に広がる香りや後味まで『ダブチ好き』を公言する木村の歯に衣着せぬコメントが見どころとなる。

【写真】木村拓哉お気に入り!マクドナルド期間限定メニュー『辛ダブチ』

 叱咤激励も含め、率直なコメントはやや厳しめのトーンで、ある意味ではテレビCMらしくない内容にも聞こえるがその“愛”が感じられるものばかり。「ダ、ダ、ダブチ〜♪」と口ずさむ、限定『ダブチ』バージョンのサウンドロゴ“タラッタッタッター”にも注目だ。

 まず、撮影ではカジュアルなグリーンのパーカー姿でスタジオ入り。顔見知りのベテランカメラマンと久しぶりに対面したことを喜びながら、笑顔で談笑。旧知の撮影スタッフが顔をそろえていたこともあり、「なんか同窓会みたいだね」と懐かしそうな表情を見せる。そんなリラックスモードのなか、カメラテストで「バーガーを持つポーズを“エア”で見せて」と頼まれると、惜しげもなく独特の“あの持ち方”を披露し、撮影前の現場を温める。

 CMの設定と説明を受けた木村は「クレームを言いにきているような感じにならないかな?(笑)」と苦笑い。さらに「セリフを話す時、マクドナルドの人に相手をしてもらいたいな。でも、ガチなトークになっちゃうかな…」と続けると、相手役を探さなければならないと思ったスタッフは大慌て。すかさず監督が「これ、木村さんの冗談だから(笑)」と声をかけて一件落着。和気あいあいとした雰囲気で撮影本番がスタートした。

 初めて登場した時から『辛ダブチ』が大好きだったという木村は、赤いチーズとハラペーニョを見つめ、「きた〜!『辛ダブチ』!」とテンションが上がり気味。豪快にかじり、「辛っ! 辛い!」と刺激的な味を堪能する。さらに「定番メニューにしない理由はあるんですか? 以前からお願いしてるのに…」と「辛ダブチ」への“愛”とマクドナルドに対する要望を熱弁。監督から「OK」の合図が入ると、そのままマクドナルド担当者の控室に歩み寄り「伝わりました〜!?」と大きな声で確認して、周囲の笑いを誘う場面も。

 初対面「濃厚白ダブチ」の撮影を開始した木村は「これ、何チーズですか? もしかしてモントレージャック?」と興味津々。ひと口食べた印象も衝撃的だったようで「何これ!? なるほど…チーズにビーフを挟んだ感じ。わかるかな…わからないだろうなぁ」と言葉を選びながら「『辛ダブチ』からの振れ幅がハンパない!」と、インパクトに満ちた食感を表現した。

 『はみトリチ』の撮影に臨んだ木村は「食べづらい、持ちづらい、重い…って、全部クレームだな(笑)」と、豪快なビジュアルを眺めながらつぶやき「誰の夢をかなえたの? すげ〜わんぱく! このバーガーの名前『わんぱくバーガー』でいいよ」と笑いながら命名。「これに挑戦するマックがすごい! 夢をかなえたバーガーですよね!」と真面目な表情で称賛するひと幕も。監督は「(15秒の短いCMなのに)いいコメントが多くてカットできない…」と悩ましい表情で話していた。
    ニュース設定