チェルシーがマルメを圧倒して4発快勝!…一方ルカクら負傷交代で今後へ不安も

0

2021年10月21日 05:54  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ゴールを決めて喜ぶジョルジーニョ(左) [写真]=Getty Images
ゴールを決めて喜ぶジョルジーニョ(左) [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節が行われ、チェルシー(イングランド)とマルメ(スウェーデン)が対戦した。

 前節はユヴェントスとの対戦で敗れた前回王者のチェルシーだが、この日は序盤からマルメを圧倒。9分、CKの流れからチアゴ・シウヴァがアーリークロスをあげると、前線に残っていたアンドレアス・クリステンセンが右足のボレーで合わせる。上手くミートされたシュートがマルメゴールを揺らし、幸先良く先制した。

 なおも優勢が続くチェルシーは18分、カウンターからティモ・ヴェルナーのパスにロメル・ルカクが抜け出すと、相手を背負ってそのまま強引にエリア内へ侵入。シュートの直前でDFに倒されてPKを獲得し、これをジョルジーニョが決めて21分に追加点を奪った。だが、このプレーでタックルを受けたルカクはそのままカイ・ハフェルツとの交代を余儀なくされる。

 さらにその後も余裕を持って試合を進めたチェルシーだが、41分に再びアクシデントが発生。ハフェルツのシュートチャンスに対し前線に走り込んだヴェルナーがハムストリングを痛め、カラム・ハドソン・オドイと代わってベンチへと下がった。

 後半も地力で優位に立つチェルシーは48分、ハドソン・オドイが自陣からドリブルで持ち上がると、最後は前線でハフェルツに丁寧なラストパスを送る。これをハフェルツがチップキックで流し込み、その差は3点に。さらに57分には、リュディガーがボール奪取からPKまで獲得すると、再びキッカーとなったジョルジーニョが決めてリードを広げた。

 試合はチェルシーがこのまま危なげなく時計を進めてタイムアップ。チェルシーは快勝で今大会2勝目をあげたものの、ルカクとヴェルナーの負傷交代が今後の戦いに向けた不安を残すこととなった。

【スコア】
チェルシー 4−0 マルメ

【得点者】
1−0 9分 アンドレアス・クリステンセン(チェルシー)
2−0 20分 ジョルジーニョ(PK/チェルシー)
3−0 48分 カイ・ハフェルツ(チェルシー)
4−0 57分 ジョルジーニョ(PK/チェルシー)

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定