LED電球も「パルック」に パナソニック、歴史あるブランドを踏襲

60

2021年10月21日 15:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 パナソニックは10月21日、蛍光灯や電球型蛍光灯で使用してきた「パルック」ブランドを踏襲し、市販のLED電球とLED照明器具を「パルックLED」として展開すると発表した。消費者になじみ深いブランドを継承して家庭での置き換えを促す考え。



【その他の画像】



 電球に比べて消費電力の低いLED電球は環境対策の一環としても注目されているが、家庭への普及率は約48%(日本照明工業会調べ)とまだ低い。パナソニックは「家庭のあかりのLED化を強い思いで進めるため、新ブランドを立ち上げる」としている。



 パルックの由来は「パッとあかるく」。パナソニックが1977年から40年以上に渡って使用し、蛍光灯や電球型蛍光灯の代名詞のようなブランドになった。



 パナソニックは2009年からLED電球を販売。20年3月には国内の累計出荷数で1億個を突破した。


このニュースに関するつぶやき

  • ブランド名云々の前に、LED電球に関しては、他社製品に比べあまりにも価格設定が高すぎます。蛍光灯では、寿命や明るさでパナソニックの優位性はありましたが、LED電球では、性能は、ほぼ横並びなので価格競争力はありません。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • パナソニックは「ナショナル」を復活させるのが良いと思う
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(33件)

ニュース設定