「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!

7

2021年10月21日 20:32  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真人はお尻の部分に入るとのこと。コスプレとも乗り物ともいえる
人はお尻の部分に入るとのこと。コスプレとも乗り物ともいえる

 「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズに登場する多脚戦車タチコマのコスプレが、「まるで本物」と話題を呼んでいます。大きな模型のようにも見えますが、実際に人が入って動かせるというのだから驚き。



【動画】タチコマのコスプレが動く映像



 製作したのは2人組のコスプレイヤー、コスチームさん。10月17日にロボットコスプレ展示会「第2次スーパーロボコス大展」に参戦し、車輪で走行しアームを動かすなど器用に動く姿を披露して、「かわいい」「完成度に感動」などと来場者を大いに沸かせました。



 こうなってくると、中の人はどうやって入ってどう動かすのかなど、いろいろ気になるところ。編集部はコスチームさんに詳細を聞きました。



―― どうやって動かしているのか教えてください



コスチーム 上部に設けたハッチから、後ろのお尻の部分へ乗り込めるように作っています。搭乗者の頭上のハッチも独立して開きますので、作中同様、中の人が顔だけ出すこともできます。



 操作については、中に設置したハンドルで全て行っています。スロットルレバーで走行時の出力調整、押し引きしてアームのひじを操作、レバーで指を開閉できる仕組みです。



―― 製作にはどれほどかかりましたか?



コスチーム 約8カ月です。構想は昨年(2020年)の10月下旬から始めておりましたが、コロナ禍ということもあって5月ごろより2カ月ほど作業が止まってしまい、完成したのはイベント直前のことでした。



―― 素材には何を使っていますか



コスチーム 内部のメインフレームにはアルミの角材と、一部に鉄板を使用しています。車のフレームがイメージとしては一番近いと思います。外装は大部分に硬めのコスプレボードを使っていますが、一部にFRP(繊維強化プラスチック)で作られている部分や、ABS樹脂で作ったパーツがあります。



―― 苦労された部分は?



コスチーム 腕と指を動かす機構の取り付けと、塗装ですね。指を動かすギミックや、精度の求められるパーツはCADで3Dデータを作り、3Dプリンターで出力して組み立てました。



 これらはワイヤーと滑車を使った仕掛けで動かすようにしています。一見すると単純なカラクリ仕掛けですが、今まで経験がなかったので、材料の選定から設置とその調節まで、進捗は一進一退の繰り返しでした。



 塗装に関しては下処理にかなり手間と時間をかけました。パテ埋めをしてヤスリでならし、樹脂部品にはサーフェイサー(下地作り用の塗料)をかけてから、仕上げにヤスリをかけて、さらに下地色を塗りました。「プラモでよくある工程をあのサイズで行った」と言えば伝わるでしょうか。



 また、コスプレボードと樹脂部品を同じ工程で塗装すると、発色に明らかな差ができてしまいます。統一感を出すためにコスプレボードの部品は3度塗りをしたのちに、もういちど仕上げヤスリをかけてから2度塗り。合計5度塗りです。おかげで、作業を行ったメンバーは手にヤスリタコができました。



・・・・



 「ただの“乗り物”ではなく“コスプレ”として作るため、タチコマというキャラクターの感情表現を行えるように腕と手を動かせるようにこだわった」と、コスチームさん。まだ表現に余地はあるので、現状をたたき台にしてバージョンアップさせていきたいと語りました。



画像提供:コスチームさん


このニュースに関するつぶやき

  • ほしいな〜、タチコマ。https://tachikoma.cerevo.com/ja/ (あのタチコマの”中の人”が、シャアの”中の人”の奥さんなんだって。アニメキャラで結婚式再現するとちょっとゲシュタルト崩壊しそうだよね)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • タチコマかわいいよタチコマ(´ω`) 公安9課のメンバーの中で一番好き♪←メンバーなのか?w
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定