今季限りで引退の巨人・大竹寛がチームメイトに挨拶 「もう思い残すことはありません」

67

2021年10月22日 16:14  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人の大竹寛(C)Kyodo News
巨人の大竹寛(C)Kyodo News
◆ 19年、20年は中継ぎとして復活し、連覇に貢献

 今シーズン限りでの現役引退を発表した巨人・大竹寛投手(38)が22日、ジャイアンツ球場でチームメイトらに感謝の挨拶を行った。

 巨人は球団の公式ツイッターでこの模様を公開。大竹は、「今年で20年間の現役生活を引退することになりました」と報告し、球団関係者、監督・コーチ・スタッフ、チームメイトに向けて、「皆さんのおかけで、ジャイアンツにきて8年間、精一杯プレーすることができました」と感謝の意を示した。

 大竹はさらに「ジャイアンツにきて一番の思い出は、初めてリーグ優勝できたことです。本当にいい経験ができました。最後は中継ぎの方までやらせていただいて、もう思い残すことはありません。この8年間、素晴らしい方に囲まれて野球ができたことを誇りに思います。本当にありがとうございました」と続け、仲間たちから労いの拍手を受けていた。

 また、公式インスタングラムではファンに向けたメッセージ動画も公開し、多くのファンから惜別のコメントが届いている。大竹のメッセージは以下のとおり。

▼ 大竹寛投手からファンへのメッセージ
この度、20年間の現役生活を終えることになりました。
カープで12年間、ジャイアンツで8年間、たくさんの方に支えられてプレーすることができました。
ファンの皆さんの応援があったからこそ、プレーできました。ピッチングができました。その応援は一生忘れません。
これからは第二の人生になりますが、いろんな勉強をして、学んで、自分らしくしっかりと歩んでいきたいと思います。
皆さま本当にありがとうございました。


 大竹は2001年に広島に入団し、05年には自身初となる2桁勝利をマークした。14年にFAで巨人へ移籍。先発投手陣の中心として期待された移籍初年度は9勝をあげるも、その後は度重なる怪我などで思うような結果は残せず。しかし、19年に中継ぎとして32試合に登板。防御率2.77をマークし、侍ジャパンにも選出。翌年20年にも29登板、防御率2.59とチームのリーグ2連覇に中継ぎとして貢献した。今季は故障もあり、1軍での出場はわずか3試合にとどまっていた。

 通算成績は、375登板、1675投球回、102勝利、101敗、17セーブ、26ホールド、1186奪三振となっている。


【動画】巨人・大竹の挨拶&メッセージ
今シーズン限りで現役を引退することを決めた #大竹寛 投手がチームに挨拶をしました。#ともに強く #ジャイアンツ #giants #巨人 #東京 #tokyo #野球 #プロ野球 #ありがとう寛さん pic.twitter.com/DlNlOgDcgl— 読売巨人軍(ジャイアンツ) (@TokyoGiants) October 22, 2021


View this post on Instagram A post shared by 読売ジャイアンツ (@yomiuri.giants)

このニュースに関するつぶやき

  • また黄泉売かhttps://topics.smt.docomo.ne.jp/article/kyodo_nor/nation/kyodo_nor-2021102301000352?fm=topics
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ラーメン食べすぎて太りそう・・・・w
    • イイネ!16
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(41件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定