マンモスなど古代生物が銘菓に!?食べたくなるカプセルトイ「太古のまん獣」

1

2021年10月22日 16:31  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真マンモスなど古代生物が銘菓に!?食べたくなるカプセルトイ「太古のまん獣」
マンモスなど古代生物が銘菓に!?食べたくなるカプセルトイ「太古のまん獣」

 かつて地球に存在していた幻の古代生物たちが、なぜかおいしそうな銘菓(?)になって蘇ったカプセルトイ「太古のまん獣」が10月21日より発売となりました。「マンモス」「ドードー」などを含む全6種類で、1回税込300円です。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 本商品は株式会社ブシロードクリエイティブのオリジナルカプセルトイブランド「TAMA-KYU(たまきゅう)」の新作です。


 ラインナップは「サーベルタイガー」「マンモス」「ステラ―ダイカイギョウ」「ドードー」「ケブカサイ」「ビンダゾウガメ」の6種類。見慣れない太古の生き物たちが、かわいらしいフォルムで銘菓風に再現されています。


 素材をソフビにすることで、見た目を裏切らない触感とふっくらとしたボリュームを表現したとのこと。まるで本物の和菓子のような焼き色で、見ているだけでよだれが……。とにかくおいしそうな仕上がりになっています。


 またカプセルの中から取り出すとお菓子の包み紙のような包装がされているのも特徴のひとつ。そこにはいかにもな書体で書かれた「たまきゅう」「太古のまん獣」の文字が。


 “温泉旅行のお土産”と言って渡されれば疑わずに食べてしまいそうなくらい、銘菓っぽさ全開のユニークなカプセルトイになっています。


情報提供:株式会社ブシロード


このニュースに関するつぶやき

  • これも食べられないのーっw
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定