JAL、空飛ぶクルマの実現に向けた環境調査を大阪で実施

0

2021年10月22日 16:41  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

日本航空(JAL)は、空飛ぶクルマの実現に向けた環境調査を大阪で実施する。

大阪・関西万博の会場となる夢洲上空をヘリコプターで飛行し、飛行環境や地上設備に関する制約の調査を11月に実施する。

2022年2月には、ボロコプター(Volocopter)と協力し、大阪上空でのヘリコプターによる飛行風景と、空飛ぶクルマの機内風景を組み合わせたバーチャルフライトを、全国の自治体関係者に体験してもらう。バーチャルフライト体験前後にアンケートを行い、顧客期待度を調査し、空飛ぶクルマの実現に活かす。

JALは、2025年に空飛ぶクルマによるエアタクシー事業の開始を目指しており、大阪・関西万博では夢洲上空の遊覧飛行や、会場と関西国際空港を結ぶエアタクシーサービスを計画している。

    ニュース設定