約18万話の日本アニメをデータベース化、2022年3月に一般公開へ

8

2021年10月22日 17:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真アニメ大全の作品登録状況(9月16日時点)
アニメ大全の作品登録状況(9月16日時点)

 日本動画協会は10月21日、日本のアニメ作品総合データベース「アニメ大全」を2022年3月に一般公開すると発表した。アニメ大全は、1万4249件(9月16日時点)のアニメ作品の基本情報を網羅した、世界最大規模のデータベース。日本のア二メ文化100周年記念の中核事業として15年から制作がスタートしていた。



【その他の画像】



 データベースの構築に当たり、該当作品の全話数17万7474件について調査し、さまざまな詳細情報を載せているという。データベース内は、作品名や年代、五十音、キーワードでの検索が可能で、各研究やビジネス活用、クリエイティブ、ファンによる情報収集の利用を想定する。



 10月22日には、一般公開に先立ち、日本動画協会の会員社のアニメ制作関連各社や著作権者、有識者を対象にアニメ大全を試験公開した。データ精査と機能、動作確認を経て、22年3月の一般公開を目指す。


このニュースに関するつぶやき

  • アダルト作品とか宗教関係とか、学習教材も含むのかな? どのくらいの幅があるのか気になる。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • アダルト作品とか宗教関係とか、学習教材も含むのかな? どのくらいの幅があるのか気になる。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

オススメゲーム

ニュース設定